1. HOME>
  2. ジギング入門>
  3. ショアジギングライトショアジギング

ショアジギング・ライトショアジギング

 ショアジギングとは、陸っぱりからジグを投げて、青物等を狙う釣りです。大きく分けてショアジギングとライトショアジギングに分類することができます。しかし細かい定義は特にありません。

 一般的にはショアジギングと言えば100g超のジグを荒磯、地磯、沖磯から一日中投げてヒラマサ、カンパチ、ブリを狙う本格的ルアーフィッシングのイメージです。

 それに比べてライトショアジギングと言えば、25g〜60g程度のジグをサーフや防波堤から投げて、フラットフィッシュやハマチ・メジロ・大サバなどを狙う比較的手軽な釣りを指します。

ショアジギング・ライトショアジギングのポイント

潮目

 ショアジギングに限らず潮目は重要なポイントになります。潮目とは潮の流れの境目で、遊泳力が弱いベイトが潮に押し流されてきます。そのベイトを狙ってフィッシュイーターが集まって来る構図です。

ジギング、潮目

棚(レンジ)

 棚とは魚が泳いでいる遊泳層の事です。通常ルアーフィッシングをする場合まずはトップ(ペンシル・ポッパー等で)を狙います。次に水面直下(フローティングミノー)を狙います。そして表層、中層、底を探ります。

 ショアジギングで利用するメタルジグは表層直下から底まで探ることができますが、ジグだけにこだわらずとも、ミノーやソフトルアーも投げてみましょう。

ジギング、棚

ナブラ

 ナブラとは小魚の群れがフィッシュイーターに襲われて、水面上にさざ波を立てて逃げ惑っている様子。このナブラはショアジギングで重要なポイントになります。ルアーを投げて巻いている最中でもナブラを発見したら一目散に回収し、ナブラに向かってジグを投げましょう。

ナブラ打ちのポイント

 ナブラを見つけたら素早くジグを投げましょう。では、ジグをどこに投げればよいのでしょうか?一番のポイントはナブラの進行方向の前方になります。

 ナブラ発見直後、、進行方向がわからない場合はナブラの向こう側に投げましょう。ナブラの中を通過させることができれば、群れで弱った魚を演出することができます。後方や手前側だと、ナブラの中にジグを通過させることができませんが、可能性は十分にあります。

 一番やってはいけないのがナブラ直撃です。せっかくのベイトが散ってしまいます。

ジギング、ナブラ打ち

ジグの通し方

 ナブラを発見したらさっそくジグを通してみましょう。通常は表層を巻いてきます。それでも今一つ反応がなければ、ナブラ通過中にフォールさせてみましょう。

 フォールさせることによってナブラの群衆からはぐれるベイトを演出します。フィッシュイーターはナブラの周囲ではぐれたベイトを狙っているから結構ヒットしてくれます。

ジグの通し方

情報収集

 ショアジギング・ライトショアジギングに共通して言えることですが、事前の情報収集が重要になってきます。魚のいないポイントにどんだけジグを通しても釣れません。情報の収集方法も人それぞれだと思いますが、具体的な方法を説明しておきましょう。

釣具屋で情報収集

 もっともポピュラーな情報収集の一つです。大型店ならいたるところに釣果情報が張られています。ソルトルアー担当の店員に聞けば情報を持っていると思われます。関西の某大型釣り具店ではWEB上に釣果情報を発信しています。

 しかしながら影響力のある大型店舗のWEB情報は一瞬にして多くの釣り人に知れ渡ることになるので週末などは非常に混雑になってしまっています。

WEBで収集

 「大阪・青物」「大阪・ハマチ・釣り」等で検索し、個人のホームページやブログから情報を収集します。しかしながら基本的には具体的なポイントは知らされていません。メジャーポイントで、一般的に情報が流れた後なら具体的に紹介している場合があります。

 具体的なポイントはわかりませんが、関西では大きく分けて淡路西淡や神戸周辺などヒントになることが記入されています。

知人からの情報

 釣り友達や釣り場で知り合った人の情報も有用です。また、よく釣れるポイントでの駐車場のおっちゃんや謎の常連などの情報も有用です。しかしながら「先週はよく釣れてた」「昨日は大物が釣れた」などの怪しい情報も含まれます。

地図を読む

 WEBで地図を見てみましょう。海岸の形や港の形が記入されています。googleの写真を見ればそこがサーフなのか、磯場なのかもわかってしまいます。海岸沿いの海面をよく見れば濃淡のくっきり分かれて見えるポイントがあります。それは海底が急に深くなっていることを示しています。

 地形の形状を読んで潮の流れを予測する。そして現地に行って確認し、ルアーを通してみましょう。

情報分析

 上記の方法で集めた情報を鵜呑みにしていてはいけません。情報は分析してなんぼです。まぁ、これが人それぞれで経験がものを言う部分でもあります。

 自分の理論を信じて釣りをしてみよう。それはそれで面白いぞ。例えば…

  • 「Aポイントで釣れていたらBポイントやCポイントも魚が回っているのではないか?」
  • 「去年の8月にBポイントの情報があったので今年はまだ情報が出ていないが偵察してみよう。」
  • 「今週はCポイントが良いみたいだが、たぶん人が多すぎるだろう。地図で見つけたポイントを新しく開拓してみよう」

 頑張っていこう!!

ロッド

 ジギング用に各社から色々とロッドは販売されています。荒磯、地磯、沖磯から一日中100g前後のジグを投げるジギングの場合は専用ロッドを用意する必要があります。

 しかし、ライトショアジギングの場合、防波堤やサーフから小・中型青物・フラットフィッシュを狙うことにあるので専用ロッドを購入する前にエギングロッドやシーバスロッドなどで十分に対応することができます。

 エギングロッドやシーバスロッドで初めてから、「もっと釣りたい」となった時に専用ロッドを購入しても遅くはありません。

ショアジギング用ロッド

 ショアジギング・ライトショアジギング用ロッドは9ft〜11ftぐらいの長さがあります。短いロッドは操作性が高く長いロッドは飛距離がよく出ます。1万〜3万までのロッドは値段が高いほうがロッドは軽い傾向にあります。

 3万円を超えてくるとロッド自体の性能差を感じることは難しくなります。フィーリングや好みの差が出てきます。

 ショアジギングロッドを購入する前は、できるだけお店でロッドを触ってみましょう。ロッドがなければできるだけ数店舗回って探しましょう。毎年2月にフィッシングショーがあります。ショーでは多くのメーカーのロッド、リールなどを実際に触ることができるので、ぜひ参加してみましょう。

初めて買うなら1万円前後の製品がお勧め

 しょっぱなから高級ロッドを買うのは気が引けるもの、性能が良いのはわかっているが、慣れるまでは1万円前後のエントリーモデルが良いでしょう。

  • ダイワ     ジグキャスターicon 実売1万円前後
  • シマノ     コルトスナイパーBBシリーズ 実売1万円前後
  • オリムピック  リモートEXシリーズ 1万円前後
  • メジャークラフト  クロステージicon 1万円〜
  • メジャークラフト  ソルパラicon   〜1万円

余裕があるなら2万円前後からがおすすめ

 ロッドに限らず物の値段とは結構正直なもの。1万円のロッドより、2万円のロッドの方が値打ちがある。ロッドで言えばガイドの性能差や重量が軽かったり、バランスが良かったりします。この2万円〜5万円前後のクラスが一番種類も豊富で売れ筋の価格帯になっています。

 しかし安いものではありません。できるだけ手で持ってみてフィーリングを調べてみましょう。

高級ロッドは5万円を超える

 ショアジギングロッドで高級なものは5万円を超えてきます。最高の技術と材料を注ぎ込まれるので軽量で好感度なロッドが多いです。ステイタス性も高いのでぜひ1本はほしいところ。

リール

 ショアジギング・ライトショアジギングで使われるリールは一般的なスピニングリールです。ショアジギングがメインなら4000番以上、ライトショアジギングなら3000番〜4000番程度のハイギヤーが扱いやすいです。

ダイワ汎用リール

シマノ汎用リール

▲TOPへ移動