1. HOME>
  2. ジギング入門>
  3. オフショアジギング

オフショアジギング

 オフショアジギングとは、船に乗ってジグを使った釣り方です。船の上なのでキャスティングが不要。そして大物が釣れるので自然とロッドは短くて太くなります。ジグを海底100m〜200mまで落としてシャクリあげてきます。

 非常に体力を使う釣りでもあります。初めは船酔いとも戦う可能性があります。なんせ、小さな船はよく揺れる。

ポイント

 船釣りなので自分でポイントを絞り込む必要がありません。船長がポイントに連れて行ってくれます。あとは指示に従って釣りをするだけ。しいて言えば、よく釣れる船を探すのがポイントですね。

ロッド

 オフショアジギング用のロッドはおおむね5ft〜8ft前後です。船の下にジグを落とし込んでシャクリあげてきます。硬めのロッドの方がアクションを付けやすいと思われるが、その分体力の消耗も激しい。

 やわらかめのロッドだと楽だし、魚がジグを弾くことが少なくなるが、ジグをキビキビ動かすのが難しくなります。

 ジグウエイトは60g~250gまでが対象になります。100gでも一日中シャクッていると相当体力を使います。

 軽いロッドの方が楽ですが、高価になる傾向があります。自分の体力と相談する必要もあるが、できればロッドを確認してから購入した方がいいと思う。ロッドを触りたければやはり釣り具に行ってみよう。

 釣り具以外にもメーカーのショールーム、年に1度のフィッシングショーでもロッドを持って体感することができる。各サイズやメーカーごとに強さも違うので一同に会するフィッシングショーはぜひ行ってみてください。

リール

 スピニングリールならダイワで3500番以上、シマノなら4000番以上のサイズが必要になってきます。釣れる魚が大物が多いので、リールにもそれなりのパワーが必要です。

 ベイトリールなら3000番以上があうでしょう。ベイトリールは「ジグを落とす時に当りを取りやすい」「いとよれが少ない」「巻き取りに力がある」という利点があります。

 「ロッド+リール+ジグ」のバランスが取れて、初めて良いタックルに仕上がります。

ジグ

 オフショア用のジグなら軽いもので60g、重いもので200g以上あります。ラインの太さと水深、潮の流れによって使用する重さを変えます。

 重さでも結構な種類がありますが、形状もいろいろあります。細かく分ければたくさんありますが、とりあえず覚えておいた方がよいものを説明します。

ストレートタイプ

 平らな棒状のジグ。シャクルとイレギュラーに動く。

ストレートタイプ

ロングタイプ

 沈降が早くシルエットで誘うタイプ。スライド幅が大きいのが特徴。

ロングタイプ

左右非対称タイプ

 左右の形状が違うタイプのモデル。トリッキーな動きをしてくれる。

左右非対称

後部(前部)重心タイプ

 お尻を振りながら沈降していく。イレギュラーな動きをしてくれる。シャクリやすい。

後部(前部)重心タイプ

ラインシステム

 オフショアジギングをするならPEラインの使用が必須である。PEラインの感度が必要で、ナイロンやフロロの場合、当たりがわからなくなります。

 しかし、PEラインだけでは擦れに弱いので、先端付近の6m〜10mほどはリーダーを取り付けます。フロロラインやナイロンラインを使用します。(30lb~120lb)

基本のシャクリ(ジャーク)

 ジグを海底まで落とし、上へ上へとジグをシャクリながら巻いてきます。海底から表層までジグを通すので釣れる魚は多彩です。根魚から青物まですべてのフィッシュイーターがターゲットになります。

 シャクリの基本はワンピッチワンジャークです。まずはこの方法を身につけましょう。ワンピッチワンジャークとは一回ロッドを上下に振って、一回リールを巻きます。簡単だけど難しいです。まずはリズムよくジグを泳がすことにしましょう。

 慣れてきたらロッドの振りを大きくしたり、小さくしたりします。リールを巻くのもスピードを変えることができます。ワンピッチワンジャークと一言でいってみるも、複数のパターンを持たせることができます。次の項目ではシャクリの方法を色々と説明していきます。

ジャーク

シャクリ色々

平戸ジャーク

 基本的にはワンピッチジャークと同じであるが、平戸ジャークはジャークを大きく素早く行い、ゆっくりと戻します。

 大きく素早くジャークすることにより、ジグが大きく横スライドします。そしてジグが少し沈まして次ジャークします。横スライドさせることが目的なのでジグはロングタイプやスリムタイプの方が動きが良い。

ロングジャーク

 ジャーク幅を大きく取り魚を誘います。大型青物に有効とされているシャクリ方です。長めのロッドの方がジャーク幅を稼ぎやすいが、ジグの動きにキレがなくなる。バランスを考えて設定したいところ。ジグは引きおもりのしないストレートタイプが良い。

ハーフピッチ、クォーターピッチジャーク

 ハーフピッチは一回ロッドをシャクッた時に半分だけリールを巻き取ります。クォーターピッチは一回ロッドをシャクッた時に1/4だけリールを巻き取る方法です。

 巻き取り量が少ないのでジグの移動量が半分、1/4になります。シャクる回数は同じなので、ピンポイントで狙うことができる。

 オフショアジギングの場合なら底物狙いの時に効果があるかも知れない。表層に魚がいるときはあまり使えないだろう。ボイルがあれば狙い撃ちできます。短い間隔でもキビキビと動くジグが向いている。ショートタイプジグですな。

平戸ジャークロングジャーク

コンビネーションジャーク

 コンビネーションジャークとは今までに紹介したハイスピードジャークや平戸ジャークなどや、ただ巻きなどを組み合わせておこなう総合的な誘い方です。基本はただ巻きからのハイスピードジャーク。ただ巻きからの平戸ジャークなどです。ジャークの変化点で魚がよく食いつきます。

 食いつくポイントが明確なので「釣れた??」ではなく「釣った!!」の感覚が楽しめます。

ハイスピードジャーク(ジャガジャが巻き)

 ジャーク幅を小さく取り、高速でワンピッチ・ワンジャークをする方法です。ジャガジャがと音がすることから通称ジャガジャが巻きと呼ばれています。使用するジグはストレートタイプか左右非対称タイプが向いています。

 腕の力だけでハイスピードジャークを繰り返すとすぐに疲れてしまいます。横引きの場合なら腰の回転も利用することで楽にハイスピードジャークをすることができます。

コンビネーションジャーク、ジャガジャガ巻き

深場と浅場

 水深の深い場所と浅い場所では攻め方が変わります。深い場所ではバーチカル(真下に落とすこと)で攻めます。浅い場所ではキャストして横引きします。バーチカルならピンポイントで直撃できます。横引きするとタナを広く探ることができます。

▲TOPへ移動