1. HOME>
  2. 釣魚料理>
  3. ハマチ

ハマチのさしみ

 ハマチが釣れたらとりあえずは刺身で食べてみよう。脂の乗り具合により味は変ってきますが、スーパーで売っている刺身より断然新鮮なので美味しく戴くことが出来ます。

 作り方も簡単です。鱗を落して内蔵を取り出す、頭を落して3枚におろします。ココまで出来たらかんたんで、あとは皮を剥いてお刺身サイズに切りましょう。

ハマチの刺身

ハマチのそぼろ

 うちのおかんに教えてもらったメニュー。ハマチのそぼろ。基本的に魚なら何でもいいと思う。元々は三枚におろした魚の背骨の部分やアラをそのまま捨てるのがもったいないのでつくり始めた。

 よって使用する部位はアラ。まずアラを蒸します。蒸すことによって、魚を骨から取りやすくします。十分に蒸したらスプーンやお箸を使って魚の身をそぎ落としていきます。思っているよりも沢山の身を取ることが出来るでしょう。

 身を取り出すことが出来たら丁寧に小骨を取り除きましょう。皮は好みでしょうか。見た目には無いほうが良いとおもいます。でも皮も食べたら美味しいので僕はそのままそぼろにします。

 取れた身はフライパンで炒ります。その時に醤油、みりん、お酒を1:1:1の割合で入れていきましょう。この比率だと若干甘く感じるかもしれません。その時はみりんの比率を下げましょう。

 下の写真は40センチ級のハマチでとったそぼろです。そぼろ丼なら2〜3人前は取れると思います。

ハマチのそぼろ

▲TOPへ移動