1. HOME>
  2. 釣り道具>
  3. モンベルのローガンダウンジャケットのインプレッション

ローガンダウンジャケット

 いままでダウンジャケットを購入したことがない。暖かいのはわかっていたがどうもあのモコモコとした見た目が気に食わなかった。

 先日、天王寺mioのモンベルに立ち寄った時にアウトレットコーナーが設置されていた。聞いてみると関西では2か所目だそうです。1箇所目は鶴見の旧ブロッサムですな。今は三井アウトレットパーク大阪鶴見です。

 そんなに買うつもりもなかったがフラっとアウトレットコーナーに足を運ぶ。アウトレットコーナーに勝手に足が向かうのは悲しいかな貧乏人の性である。

 色々見て回っていると型落ちのローガンダウンジャケットが置いてあった。見た瞬間ほしくなったのである。そこから悩む悩む悩む。値段は2万ちょっと。まっとうに買ったら2万5千円ほどだ。

 30分は悩んだろうか。決断できず家に帰る。次の日また行ってみた。そしてほしかった色のジャケットが見つかったので買うことにした。

ダウンジャケット ローガンダウンジャケット

 とりあえず家で着てみた。。暑い。次の日、会社に来ていってみた。気温は10度前後、家から駅までの20分。暑い。

 かなり暖かいジャケットであることがわかる。先日釣りに行っていた。11月下旬だが、12月中旬の寒さらしい。朝マズメ終了後、寝てみたら、寝れた。かなり暖かい。

 フードもモコモコなので暖かい。真冬の釣りでも対応できるだろう。アウトドアメーカーらしくポケットも豊富でルアーケースやライン、ペンチなど小物も充分入る容量だ。特にこの製品は背面にも大容量のポケットが付いている。20p×50pぐらいある。今のところ使い道は思いつかない。

 欠点はモコモコなので軽いカバンなら肩からずり落ちることだ。そして保温性能が高いので気温が上昇したら暑くなってくる。そして汗をかく。その場合は前のチャック開けて温度調整する必要がある。

モンベルホームページより

製品説明
 風雪の厳しい状況下でも高い保温性能を発揮するダウンジャケットです。たっぷりとダウンを封入し、三枚差し構造により防風性も高いので、冬のバードウォッチングなど、寒い中での運動量の少ないアクティビティにも最適です。生地には世界最高レベルの撥水性を誇るポルカテックス加工を施しています。

仕様
【素材】●表地:70デニール・ナイロン・タッサー(ポルカテックス加工)●中綿:グースダウン90%+フェザー10%/650FP●裏地:40デニール・フルダル・ナイロン・タフタ(ダウンプルーフ加工)
【平均重量】1.27kg
【特徴】三枚差し構造/シングルキルト(つぶし縫い)/フードは取り外し可能/背面に大容量のバックポケットつき(ジャケット、ベスト)

▲TOPへ移動