1. HOME>
  2. 釣行の準備>
  3. ラインの結び方「ハングマンズノット(ブリンソンノット)

ハングマンズノット(ブリンソンノット)の特徴

 ハングマンズノット(別名ブリンソンノット)は簡単に結束でき、強度も高く保つ事が出来ます。コツをつかむと暗闇でも結ぶ事ができ、現場向きの簡単なノットです。


 結束強度が高いのが特徴で、きっちり結ぶと抜ける事は無いといわれております。ボクは試した事が無いですが、PE直結でも簡単にノットが抜ける事が無いようです。


ハングマンズノット(ブリンソンノット)の結び方

1.ラインの先端をルアーのアイに通す。


ハングマンズノット


2.ラインを5回ほど巻きつけます。


ハングマンズノット


3.ラインの先端を始めに巻きつけ始めた部分の輪に通します。


ハングマンズノット


4.形を整えながらつばをつけてゆっくり締め付けていきましょう。


ハングマンズノット


5.最後もつばでぬらしながらゆっくりアイにラインを締め込んでいきます。あまったラインはカットしておきましょう。


ハングマンズノット


▲TOPへ移動