1. HOME>
  2. 釣り道具>
  3. ロッドメンテナンス

ロッドのメンテナンス

 釣りから帰ってきたら毎回ロッドは丁寧に洗っておきたい。海釣りをする人はなおさらだ。一見汚れていないようでロッドは海水を被り、埃まみれになっているものです。

 ロッドに傷が入れば大問題だ、キャスト時や大物とのファイト時にロッドにはかなりの負荷が掛かっている。それが一箇所の傷に集中したら当然折れてしまう。特に固めのロッド、エギングロッドなどは折れてしまう。普段から傷が入らないように気をつけて起きましょう。

 ガイドに傷が入ればラインブレイクの可能性も出てくる。キャスト時にラインが切れたらガイドを疑ってみよう。これらを防ぐために釣行からの帰宅時にはまめにメンテナンスをしましょう。

水洗い

 釣行後は必ず水洗いしましょう。。ロッド全体に海水を被っているだろうからよく洗い流しておきましょう。数回メンテナンスを怠るとガイド回りに塩分が付着しているのがわかります。

 ガイド周りは汚れが付着しやすいので時には使い古した歯ブラシなどでゴシゴシするときれいになる。グリップ部の汚れが激しい場合は中性洗剤とスポンジで洗いましょう。ジョイント部に傷が入ると致命傷になる可能性があるので丹念に洗いましょう。

 最後にリールシート部。ここも形状が複雑で汚れがたまりやすい。普段は水洗いで時折中性洗剤などできれいに洗いましょう。

ロッドのメンテナンス ティップ部

ロッドのメンテナンス ガイド部

 ティップ部、ガイド部は汚れがたまりやすい。ぶつかったら傷が入ったりするので慎重に取り扱いましょう。

ふき取り

 きれいに洗浄できたら水分をふき取りましょう。そのときにロッド全体に傷が入っていないか確認してましょう。また、メバルロッドなどのティップ部は非常に繊細に出来ているので無理な力が掛からないようにふき取りましょう。

 グリップには「コルク」と「EVAラバー」の2種類あるが最近ではほとんど「EVAラバー」だ。多少水を吸い込むと思うのでふき取ったあとに乾かしたほうが良いと思う。たぶん。

ロッドのメンテナンス ガイド部

 水洗い後の拭き取り時に傷の有無を確認しましょう。細部の汚れも確認しましょう。塩の結晶が見つかったら洗浄不足です。白っぽい粉があれば塩でしょう。

ロッドのメンテナンス ラインコーティング

ガイド部は綿棒等を使い丁寧に拭き取ろう。ガイド内側の傷はラインブレイクの原因になります。

ロッドのメンテナンス リールシート

リールシート部もよく汚れがたまっている。きれいに洗って拭き取ろう。

ロッドのメンテナンス ジョイント

ジョイント部にごみが残ったままロッドを繋げると傷が入る。それは致命傷につながるのでジョイント部は良く汚れを落としておきましょう。

ロッドのメンテナンス グリップ

 魚を釣った後に手を拭いて触っているつもりでも、ウロコが付いている時がある。一番汚れやすいポイントなのできれいにしておこう。

ロッドのメンテナンス ケース

 最後は付属のケース、ロッドスタンドなどに立てかけておこう。本数が多い人はロッドスタンドを用意しましょう。寝かしておくと踏んでしまう可能性があるので必ず立てかけておこう。

▲TOPへ移動