1. HOME>
  2. 釣り道具>
  3. リールメンテナンス

リールのメンテナンス

 釣行後は毎回リールのお手入れをしましょう。ラインローラー部は水道水をかけて塩分を抜き取ります。釣行中は大丈夫ですが家に帰ってくる頃には海水が乾き、塩の結晶がローラー部やラインに付着しています。そのままにしておくと、ラインを傷める原因になります。 →リール用オイル&グリス icon

 リールの本体は固く絞ったタオルでふき取りましょう。思ったより汚れています。そしてライン、真水でですすいだ後(塩抜きです)よく乾燥させます。最後に「PEにシュッ! icon 」等のコーティング剤を吹いておけば完璧です。

 PEラインは非常に高いラインだが、きちんとメンテナンスする事により寿命を延ばすことが出来ます。結果、ナイロンラインやフロロカーボンラインよりコストパフォーマンスの高いラインだと言えます。

リールのメンテナンス

 ラインローラーに水をかけて洗う場合はドラグを絞めておきましょう。ラインにも水をかけて塩抜きをしましょう。基本的に本体部分は防水になっておりますが出来るだけ水が掛からない様にしましょう。

リールのふき取り

 ラインローラー、ラインを丹念に洗ったら、今度は固く絞ったタオルでボディをふき取りましょう。淡水の釣りと違い海の釣りでは塩分が大敵です。リールは精密機械なので間違っても水の中にドブ付けしないでください。メーカーのオーバーホール行きです。

仕掛けの陰干し

 海水が掛かったものはすべて水洗いしておきましょう。ワーム、ラインカッター、フロートリグ、プライヤー、仕掛け等の小道具もきれいに水洗いしましょう。金属の製品(プライヤー、ラインカッター)はすぐに錆びてきます。特に100円ショップのプライヤーは錆が早いですね。

ダイワ等のフィッシングメーカーの製品は防錆対策を施された商品が多いです。それでもほっておくと錆びてくるので、水洗いしましょう。

*ワーム類は他のメーカー、種類のワームと接触しないようにしましょう。解けて変形する場合があります。同メーカーの色違いなら大丈夫です。

ラインのお手入れ

 通常はリールにラインを巻いたままコーティング材を吹き付けますが、余裕があれば一度ラインを引き出して写真のようなドラム(自作)に巻きつけてコーティング材を吹き付けましょう。均等に吹き付けることが出来ます。

 スピニングリールの日常メンテナンスは基本的に上記の手順で大丈夫です。これ以外にも定期的にグリスアップなどのメンテナンスを実施しましょう。メンテナンスをする事によりリールの寿命を大幅に伸ばす事が出来ます。

▲TOPへ移動