1. HOME>
  2. アジング入門>
  3. アジング仕掛け

アジングの仕掛け

基本はジグヘッド

 まずはジグヘッド iconワーム iconの仕掛けです。基本的にメバリングと同じ仕掛けでよいがアジの場合メバルより口が小さいのでフックが小さめのほうが良いと思う。また、結構ショートバイトが多いので軸は長めのほうが良いでしょう。2つのジグヘッドを見比べてくれたらわかると思うが下図のほうがフックが小さく軸が長い。アジング向きのジグヘッドと言えるでしょう。

ジグヘッド仕様

スプリット仕様

 スプリット仕様とはフックの少し上部にガン玉をセットする仕掛けです。フックはラインに直結し、結び目はワームの中に埋め込んでしまいましょう。ガン玉からフックまでの距離は10〜40センチぐらいがベストです。あまり長く距離を取るとキャストしにくくなります。

スプリット仕様

アジキャロ仕様

 ガン玉の替わりにアジキャロ iconをセットします。ガン玉と違いウエイトが前後に動くのでトゥイッチやジャークを掛けて誘うことが出来ます。また、アジがワームを口にしたときに誘導式のウエイトの方が違和感が無く有利です。

 また、底付近を攻めているとガン玉なら引っかかってしまう場面でもアジキャロならパイプ部分が根や岩を弾いて引っかかりにくくなります。

 ガン玉に比べると割りだかになるので、沢山消費する人はオモリとパイプで自作しましょう。

アジキャロ仕様

▲TOPへ移動