1. HOME>
  2. メバリング入門
  3. メバリング仕掛け

ジグヘッド+ワーム

 メバリングの仕掛けといえばジグヘッド+ワームの組み合わせを思いつくでしょう。一番普及している仕掛けです。各社から色々なジグヘッド、ワームが発売されており、選ぶのに迷うのではないでしょうか?

 ジグヘッドにも色々なタイプがあり、潮を受けて泳がせるものからゼロヘッドジグのようにワームの泳ぎを安定させるだけのものまで色々あります。潮の流れや海底の状況など場面に合わせて色々と使い分けましょう。

ジグヘッド

ダウンショット

 ボクはガシラ狙いのときに良く利用します。右側はラインにフックを直接結んだ状態で、手軽に出来ます。左側は回転ビーズを使い枝針にしています。こちらの方が食いが良くなります。

 この仕掛けのポイントはフックの位置から重りの位置の長さです。長すぎると投げにくく底から離れます。短すぎると意味がなくなります。個人的には50cm〜80cmに設定しています。ガン玉はラインを一回だけガン玉に回して、根掛りした時にその部分だけ落ちる様にしておきましょう。(捨て錘の事です。)

ダウンショット

スプリット

 ジグヘッドと違いワームをフックに通しているだけなのでよりナチュラルな動きになります。ガン玉のウエイトを調整することにより沖の深部を攻める事も出来ます。ボクはジグヘッド+ワームよりも良く使います。

スプリット

アジキャロ

 アジング用のアジキャロです。ボクはスプリット代わりにたまに利用します。ウエイトがフリーで動くためメバルに違和感なく食わせる事が出来ます。また、底付近を狙うならガン玉よりアジキャロの方が根掛りが少なくなります。ゴロタ浜などでは威力を発揮します。

 市販品はガン玉に比べて割高になるので釣行数が多い人は「ナツメオモリ+パイプ」で自作しましょう。簡単です。

アジキャロ

飛ばし浮き

 去年から多用しています。風神玉・メバトロボール・メバキャロ・メバルロケット等各社から発売されています。海面直下から中層・底まで自由に棚を探れます。沈下速度はパッケージに「3s/m」とか記入されています。この場合は1m沈むのに3秒かかります。

 メバリングの基本、一定層を出来るだけゆっくり泳がせるテクニックを簡単に出来ます。飛距離も他の仕掛けに比べ一番遠くまで飛ばす事が出来ます。

飛ばし浮き

F8釣法

 ラパラのアイスジグを使用した釣り方です。正式名称は「ジギングラップ」ですが国内ではアイスジグの方が通りが良いです。元々は氷上の穴釣りをメインに開発されたジグですが、ここ数年メバリングで利用されるようになりました。

 使い方は簡単でジグを上下にシャクるだけです。テール部のリップが水を受けとトリッキーなアクションを起こします。

 昼間の岸壁などで使用すると影に隠れていた魚がわらわらと現れてきますよ。

アイスジグ

メタルジグ

 メバリングのときに使うメタルジグは3g〜7g程度のウエイトです。沖の深部を攻める時に便利です。

 ご存知の通りメタルジグはなまりの塊です。表層直下から底付近まで腕があればどのようにでも使用できます。メタルジグの難しさであり、面白さです。

メタルジグ

▲TOPへ移動