1. HOME>
  2. 用語集>
  3. さ行

用語集:さ行


一覧

サイトフィッシング

 魚を目で確認しながら釣る事。ソルトルアーでは足元でアオリイカがエギに抱きつくことが見えたりするので面白い。目で見えるぐらい明るい場所(昼間・常夜灯の下)なので魚の警戒心が高く、釣るのは難しい。


先調子

 竿先が柔らかく、繊細な当たりを取る事ができる。
 →ファーストテーパー


サミング

 キャストしたときにラインに手を触れ糸出し量を調整すること。スピニングリールでは人差し指、ベイトリールでは親指で調整するのが一般的。


サラシ

 防波堤、磯などにぶつかって白波が立っている場所。良いポイントとされている。


サルカン

 ラインがよれない様に造られた連結金具。


桟橋

 船が着岸するために陸域部から水上へ向けて作った橋状の係留施設。


▲TOPへ移動

時合い

 朝マズメ、夕マズメ、潮の変わり目などの魚の活性が急激に高まって釣れだす時間帯の事。あまり長い時間続かないので集中して釣りをする事。


地磯

 陸続きの磯場の事をいう。


シェイキング

 ロッドを細かく振動させて、ルアーやワームを動かすテクニック。


潮当り

 釣り座に向かってぶつかってくる潮の流れ。


潮表

 潮の流れがぶつかるポイント。


潮上

 潮が流れてくる方向。その逆が潮下。仕掛けが流されるので気をつける事。流れが速いときは潮上ぎみにルアーをキャストすること。


潮がわり

 満潮から干潮、干潮から満潮などの潮の変わり目の事をいう。潮の向きが変わるときにも使われる。瞬間的に魚の活性があがるので見逃さないこと。


潮止まり

 満潮から干潮、干潮から満潮の時に潮が止まってしまう事をいう。潮が止まっている時は釣れないがしばらくすると動き始めるのでその時に活性があがる。


潮通し

 流れの事。「潮通しが良い」などと言う。


潮見表

 その地の潮の回り、水位の高さなどを予測している表。潮汐表。


潮目

 流れの違う潮同士がぶつかっている筋状のポイント、流れの速さ、温度などが異なっており、プランクトンや小魚が潮に流され集められてしまう。その魚を捕食するために肉食性の魚が集まってくる。一級ポイントとされる。


仕掛け

 ライン、フック、サルカンなどを組み合わせた釣る為のシステム。ルアーフィッシングではあまり複雑な仕掛けが無い。餌釣りではきわめて重要な要素である。


ジグ

 鉛で作成された重めのルアー。1g〜300gぐらいの幅がある。他のルアーに比べて遠投ができるのが特徴。


ジグヘッド

 フックの根元にシーンカーが付いたもの。ワームをセットして使用する。アジング、メバリング用のものからシーバス用の大きなものもある。


時化

 海が荒れている様子。危ないので釣りはしないこと。


シモリ

 海中の岩礁や藻場の事。魚が身を隠すのに都合が良いので良いポイントとされている。そのかわり根掛りが多い。


締める

 魚の急所を刺し、急死させること。大型の魚は血抜きもする。鮮度を保つのに必要な処置です。


出世魚

 稚魚から成魚までの呼び名が変わる魚。ブリ、スズキ、ボラなどが有名。呼び方も地方によって異なる。


 ・ブリ
  関東:ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリ
  関西:ツバス → ハマチ → メジロ → ブリ


 ・スズキ
  セイゴ → フッコ → スズキ → オオタロウ
  関西:セイゴ → ハネ → スズキ


 ・ボラ
  オボコ → スバシリ → イナ → ボラ → トド
  関東:オボコ → イナッコ → スバシリ → イナ → ボラ → トド
  関西:ハク → オボコ → スバシリ → イナ → ボラ → トド


シャロー

水深の浅い場所。
 →浅場

消波ブロック

 波の力を分散させ、陸地に被害を及ばないようにするためのコンクリート製の構造物。テトラポットなど。


シンキング

 基本的に沈んでいくルアーの事をさす。海水用のルアーと淡水用のルアーでは水の比重が異なるので淡水のシンキングが海水ではフローティングになる事がある。


新子

 魚の幼魚の総称。


▲TOPへ移動

捨て石

 波止場などの護岸の基礎の周りに敷き詰められている石。隙間も多く、根魚の住処になっている。


ストリンガー

 釣った魚を生きたまま繋いでおく道具。チヌの落とし込み、磯場の底物、シーバスの時に良く使われる。


スナップ

 ラインとルアーのアイ部分を繋げる接続部品。ルアーの付け替えをスムーズに行うことができる。


スピニングリール

 ソルトルアーの主力タイプのリール。スプールが固定されており、ベールが回ってラインをスプールに撒きつけていく構造になっている。ベイトリールや太鼓リールに比べラインが直角に巻き取られるので巻く力が弱く糸ヨレの問題が生じる。キャスト時にはベールを立てて投げるのでほとんどストレス無く遠投できる。


スプール

 リールの糸を巻きつけている部分。最近はPEラインのみ巻き取れるシャロータイプも販売されている。


スプリットショットリグ

 フックの前、数十センチ先に噛み潰しオモリを取り付けたリグ。ジグヘッドリグよりもワームがナチュラルに動く。


ズル引き

 ワーム、エギ、Mリグなどを海底に落としてから引きずる方法。簡単であるが根掛りの可能性もある。


スレがかり

 魚の口以外の部分に針が掛かっていること。


スレる

 同じワームやルアーを使っていると魚が疑似餌と学習し、釣れなくなる状態です。ルアーを変えたりカラーを変えたりするとまた釣れる。


▲TOPへ移動

瀬渡し

 歩いていけない沖の岩礁や一文字などに渡船で渡してもらうこと、陸続きでも歩いていけない場所は渡してもらうことがある。


▲TOPへ移動

底潮

 海底付近を流れている潮の事。


底どり

 メタルジグなどで着水後暫く置いて底まで沈めること。


ソフトルアー

 合成樹脂やラバーなどで作られた柔らかいルアーのこと。ワーム・ソフトベイトなどとも呼ばれる。


▲TOPへ移動