1. HOME>
  2. 色々なソルトルアー>
  3. ワームガシラ釣り

ワームでガシラ釣り

 冬場に釣りものが少ないときはガシラを狙いましょう。オフセットフックにワームをつけます。その上にクッションゴムを入れてガン玉をつけます。後はテトラポットの隙間に落としこみ、底を確認したら上下にしゃくります。ワームが5cm〜10cm上下すると良いでしょう。しばらくして反応が無ければ次の穴へ移動です。

 食いついてきたら一気に引き抜きましょう。モタモタしているとすぐにテトラの穴にもぐられます。そうなるとガシラはエラを張り、テトラにがっちり食い込みます。無理やり巻き上げるとラインが切れるでしょう。こうなると持久戦です。ラインを少しだけ張っておきます。しばらくしてから一気に引っこ抜きます。ガシラが気を抜いていればスポって抜けます。だめならラインブレイクです。

 ガシラの穴釣りの欠点は良く根掛りする事。仕掛けは多めに用意しておきましょう。ラインも太目のラインを使用しましょう。すぐにボロボロになります。

 タックルは6ft前後のロッドでかまいません。バスロッドが最適ですね。メバルロッドは少しやわらかいですが使えないことは無いです。専用ロッドも有ります。リールも2000〜3000番のリールをを使用してください。ベイトリールのほうが使いやすいですが無ければスピニングリールでも代用できます。

 あんまり難しく考えずに気楽にやってみましょう。ガシラの煮付けはおいしいですよ。ちなみにルアーでガシラを釣ることを「ガシリング」って言います。

ガシラ

 ポイントはテトラ帯全面です。片っ端からワームを落としこんでいきましょう。夜は危険なので気をつけましょう。何度かやっていると釣れるポイントがわかってくると思います。(同じ場所です。)そこにはガシラがすみやすい条件がそろっています。崩れテトラなどは必ずチェックしましょう。(o^∇^o)ノ

ガシラのポイント

テトラ帯

 ガシラ釣りのポイントは数をこなす事です。端から順番にワームを落としていきましょう。非常に単調な作業になるがガシラが居れば突然引いてくる。かなりあせるが慎重にやり取りしてもらいたいです。

▲TOPへ移動