1. HOME>
  2. エギング入門>
  3. エギングのテクニック(ディープエリア攻略)

ディープエリア攻略

 アオリイカは冬の水温が低い時期には深場に移動します。この時期にアオリイカを狙うとしたら船で沖に出るか、岸からなら深いポイントを狙うことになります。水深のあるポイントは大物がいる場合が多いので低水温時以外でも狙ってみる価値はあります。

 このページでは岸からのディープエリア狙いを説明します。

 ディープエリアではエギが底に着くまでに結構な時間がかかります。また、その間に潮に流されることも多々あります。潮に流されるのは流れの上流に投げるなどのテクニックで回避することができます。

 テクニック以外にもエギそのものを重くすることで潮の流れに対抗したり、深場まで素早く到達させることができます。重くする方法には糸オモリを巻いたり、板鉛を張り付けたりする方法があります。

 しかし、一番手っ取り早いのはDEEPタイプのエギを投げる事でしょう。糸オモリを巻くよりも、最初から自重を重たく設計されており、エギのバランスもそれに合わせて設計されているので沈降時の姿勢なども安定しております。

タナを探る

 深場を攻めるということは、水面から底までのタナが広いということになります。よって海底だけをネチネチ探るのではなく、状況に応じて表層から中層も探る必要があります。活性が高いアオリイカは結構表層・中層で泳いでいます。

 一般的にはエギを投げて着底後底部から徐々に表層に向かってタナを探るとよいでしょう。逆に表層から徐々にしゃくりながらエギを沈降させる方法もあります。

 着底までの時間を頭で数えておくと、次からは狙ったタナ付近でエギをシャクル方法もあります。これを知っているのと知らないとでは大きく釣果に差が出るでしょう。

 またロッドには適合サイズのエギが記入されているので、基本的にはその間のエギを利用しましょう。重くした場合などはロッドに負荷がかかるので、手加減してキャストしましょう。

▲TOPへ移動