1. HOME>
  2. エギング入門>
  3. エギングのテクニック(シャローエリア攻略)

シャローエリア攻略

 シャローエリアは結構根掛かりが多いイメージがあり、避けられがちなポイントです。そして人も少なく、ポイントが結構空いています。

 誰も入らないから釣れないとは限りません!!シャローエリアだから簡単に釣れることも良くあります。そもそもシャローエリアまで魚を追いかけてくるアオリイカは高活性な状態なのでソコにエギがあれば簡単に食らいついてきます。

 ただっぴろいシャローエリアの中にもポイントがあります。それは近くに深場があることです。沖の駆け上がりなどがあれば有望なポイントと判断してよいでしょう。シャローエリアを探ってアオリイカが居なければ沖の駆け上がりを狙ってみましょう。付いていると場合が多いです。

 水深が浅いのでステイ時間も長く確保できるように、シャロータイプのエギがお勧めです。シャロータイプを利用すると姿勢を保ちながらゆっくりとと沈降していきます。上下の動きはあまりできないので左右にダートしてアピールすることがメインになります。

準備

 シャローエリアに限ったことではないのですが、根掛りが多いポイントではカンナの下側を曲げておくテクニックがあります。下側のカンナを内側に曲げておくことにより、根掛りを大幅に減らすことができます。そのかわり若干バラす確率が高くなります。

 カンナを曲げる以外には着底後、いきなり思いっきりシャクルのではなく、いったん軽くシャクって根掛っていないのを確認してから思いっきりシャクル方法があります。軽くシャクった時に根掛っていても刺さりが浅いのであまり苦労せずにエギを回収できます。

 干潮時に干上がるようなポイントでも近くに深場があれば面白いポイントになると思います。「釣り人が居ない=釣れていない」といった先入観をすててポイントを開拓していけばグッと上達すると思います。

シャローエリアを攻める

 基本的に高活性状態なので、アオリイカが居れば釣れる。いなければ釣れない。っと考えて大丈夫でしょう。エギを投入後、ショートジャーク中心に広範囲に攻めてみます。しばらくして反応がなければさっさと次のポイントへ移動しましょう。

 ランガンスタイルが基本になるので日中明るいうちに多くのポイントを下見しておきましょう。

▲TOPへ移動