1. HOME>
  2. エギング入門>
  3. エギングのテクニック(フォール色々)

フォール

 エギングでは3種類のフォールがあります。フリーフォール、カーブフォール、テンションフォールです。他の釣りと違い、フォールにも重要な意味があり、マスターする必要がります。基本は3種類ですが、複合技も覚えておきましょう。

フリーフォール

 フリーフォールとはエギをシャクった後に、ラインを張らずにそのままエギを海底に落とします。ラインが張っていない状態なので当たりがわかりづらいのが難点です。当りの判別はラインで確認します。ラインが止まったり、急に走り出したら合わせましょう。

 アオリイカがエギを抱いたらラインに変化が現れます。

フリーフォール

カーブフォール

 カーブフォールとはエギをシャクった後に、たるんだラインを巻き取り、ラインを張った状態でエギを落としていきます。PEラインを使用していると、アオリイカが触っただけでもラインに伝わってくるので合わせやすいです。

 一度ラインを張ったらロッドもフラフラさせずにごく自然にエギを落としていくように気を付けましょう。潮の加減によってはサスペンドさせることもできます。

カーブフォール

テンションフォール

 エギをシャクった後にたるんだラインを巻き取り、そのままゆっくりラインを巻き続けます。フォールというよりはエギを泳がせる感じで巻き取ります。エギをできるだけ水平に移動できるようにします。

 基本はフリーフォールや、カーブフォールですが、たまにテンションフォールを使ってみましょう。みんなが釣れていない時に釣れる場合があります。

テンションフォール

複合技

 エギをシャクった後にカーブフォールでフォールさせます。しばらくしてラインの張りを緩めてフリーフォールに変化させます。変化の瞬間にアオリイカが抱き着いてくる場合があります。

 カーブフォールの後にラインを巻き始めてテンションフォールに切り替えることもできます。途中でエギが泳ぎだすのでアオリイカが急いで抱き着いてくる場合があります。基本技と組み合わせて状況に応じて実施してみましょう。

▲TOPへ移動