1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2019年10月29日

2019年10月29日の釣行記。(三重遠征)

29日は平日です。有給休暇を取得し、釣りに行ってきました。今回は名古屋の友達から三重県に青物好調のポイントがあると聞き、行ってきました。

用事で関西に来ていた友達に車で拾ってもらって三重県に向かいます。そして帰りは電車で帰ります。そのため出来るだけ装備は減らしていきます。

荷物は背負子で背負えるだけです。よってクーラーボックス仕掛け一式のカバン、レインコート、ロッド1本の軽装備です。普段からスーパーカブで釣行に行っているので問題ありません。

夜中出発で現地到着は4時30分ごろ。事前情報では平日でも入る場所が無いぐらい混んでいるらしい。しかし今日は雨、昼過ぎまで降っている予定です。

そのおかげかもしれないが人が少ない。普段の半分ぐらいだそうだ。

薄明るくなってきたので釣りを始める。初めてのポイントですが、ある程度事前に状況を聞いていたので安心である。結構寒いなか頑張っていると・・・何もあたりがありません。

気づくと7時回っている。どうやら朝マヅメは何事もなく過ぎたようだ。昨日と全然業況が違うとの事。うーん、自然って恐ろしい・・・

今回はここから粘りに入ります。いつもはもっと遅い時間でもポツリポツリ釣れるそうです。休み休み雨の中釣り再開です。

遠くのほうでロッドがしなります。後で聞いたのですが、ブリが釣れたそうです。テンション上がって雨の中頑張ってみる。

10時ぐらいでしょうか…底に着底後急に重みがでた。生命反応がないので、多分ゴミ。ひょっとしてタコかもしれないと思い慎重に寄せてくる。

そして水面に出てきたものは、なんとカニ!!

ルアーにカニがかかってました。初めてのカニにびっくりしたが取り込むことに成功する。

11時ごろまで粘ったが魚は釣れず。そしてポイントを移動して1時間ぐらい粘るも何も釣れず。この時点で釣り終了です。最後に伊勢中川駅まで送ってもらって帰ってきました。

↑朝からずっと雨の中頑張る。平日なのに結構人がいる。全国に釣りバカはどれだけいるのだろうか?

↑タイワンガザミ(ワタリガニ)だと教えてもらった。鮮やかな青色が非常に怪しいが食べるとおいしかった。

サーフのポイント。気軽にエントリーしましたが全然装備が悪くて話になりません。みんなウェーダー着て釣りしてます。

↑ゆでる前は毒々しい青色、ゆでると赤色になります。

初物なのでシンプルに塩ゆでしていただきました。カニって身が少ないですよねー。そして食べにくい。でもおいしくいただけました。

2019年10月27日(淡路遠征) ソルトルアーマン 青物

▲TOPへ移動