1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2019年9月28日

2019年9月28日の釣行記。(青物)

9月28日(夕マヅメ)

 先週は3連休だったが、仕事と台風の為釣行できませんでした。そして今週は悩んだのですが、明石方面はあまり釣れていないと判断しました。そして神戸東側は・・・釣れている様だが、すごく混む気配があったので諦めました。

 結局一番近い泉南のポイントへ行くことにしました。それなら交通費もかからないので夕マヅメと朝マヅメ2回戦しようと思った。

 まずは夕マヅメ。全体的にポツリポツリと青物、太刀魚関係が釣れている様だったので、どちらも用意していった。到着したのは夕方5時前。ポイントを見てみるとそんなに混んでいない。釣れてはいるが好調とまではいかないようだ。まぁ、空いているので良しとする。

 さっそく釣り開始。まだまだ周りは明るいが鉄板、ミノー、トップをローテーションしながら投げ続ける。少し暗くなったときにガツンと来た。!時間は5時半。

 暴れてはいるが走らない・・・そういえば先ほど隣の兄ちゃんがエソ釣っていた。頭によぎる。しばらくして足元に寄せてくるといきなり下へ下へ走り出した。これはエソではない、確信しました。

 海面まで上げてみるとツバスだ。よく見るとスレ掛かりしている。走らない原因が分かった。ブッコ抜こうとしたが、ちょっと無理があったのでタモでしっかりキャッチ。今年初の青物です。

 サイズは38センチハマチ手前のツバスですな。まずまずである。

 血抜きをしてまた投げ始める。まだまだ明るい、もう一匹十分狙える。ここから集中して投げ込んでいく。投げる事1時間。6時半ごろだったかな?だんだん薄暗くなってきた。ミノーを沈めているときに当たりが。すぐに合わせると乗った。

 初めは抵抗したがすぐに抵抗がなくなった・・・この時間帯、このあたりのパターンは・・・そう、太刀魚。この時点で青物終了ですな。太刀魚はブッコ抜いてタモでキャッチする。F3.5の良型だ。

 だいぶ暗くなってきたがここから太刀魚ルアーでしばらく狙ってみた。しかし20~30分ぐらい投げたが当たりなし。真っ暗になったので納竿とする。

 ツバス

 ↑38センチのツバス。もう一回り大きければグッと引きも強くなる。ちょっと細いかな?

 ツバスと太刀魚

 ↑太刀魚。タモでキャッチ。太刀魚はよく落ちる。

 太刀魚F3.5

 ↑F3.5ぐらい。中々の良型だ。これぐらいが食べやすくておいしいサイズだ。

9月29日(朝マヅメ)

 うちに帰って魚裁いて寝る。夕マヅメで釣れたので朝マヅメも狙うことにした。一旦寝て夜中出動する。現地には4時半ごろ到着。まだまだ暗いが昨日と同じポジションに入る。

 暗い中太刀魚狙いを始める。フォールを中心に攻めてみるがなかなか当たらない。しばらくすると明るくなってきた。太刀魚あきらめて青物狙いにシフトする。

 だんだん明るくなってきて日が昇ってきた。中層付近を高速巻していると突然ガツンと来た!巻いていると結構走る。どうやら青物の様だ。しかし少し軽く感じた。

 しばらくすると魚影が見えてきた。お~。サゴシだ。ツバスと思ったが違った。でも立派な青物だ。こちらも血抜き処理して再びルアーを投げる。

 そして6時20分ぐらいだろうか、またガツンと当たりがあった。巻いて来るとまたサゴシだ。大体同じぐらいのサイズが釣れた。

 6時30分ぐらいになるともう周りが帰り出した。ボクもここらへんで納竿とし、魚の下処理を始める。そして7時前に家路に着くことにした。

 夕マヅメと朝マヅメでツバス、太刀魚、サゴシ×2と喜べる釣果だった。さて、来週も頑張るぞ。

 サゴシ

 ↑久しぶりのサゴシ。

 朝マズメのサゴシ2本

 ↑サゴシ2本です。やはり2本はうれしいものだ。しかしもう少しサイズがほしいところだ。

2019年9月16日(青物) ソルトルアーマン 2019年10月5日(青物)

▲TOPへ移動