1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. リールのオーバーホール、2019年2月23日

2019年2月23日の釣行記。(リールのオーバーホール)

 大阪泉佐野のリール屋ピカレスク!にオーバーホール依頼に行ってきました。依頼したのは「カルディアKIX3000」「ルビアス3012H」の2台です。

 カルディアKIXはある程度ばらして組み直したことがあります。ルビアス3012Hはマグシールド仕様で一度も開けたことありません。本来メーカーにオーバーホール依頼しようと思ったのですが、今一つ良い評判を聞きません。

 どうしようかと迷っていたところ、色々調べて「リール屋ピカレスク!」に依頼することにしました。

「リール屋ピカレスク!」は値段が安い、持込み(要予約)ならすぐに実施してくれる。そして評判がよろしいようなので一度試してみました。

リール屋ピカレスク!
↑リール屋ピカレスク!入り口です。店舗と言うよりは個人宅にお邪魔する感じです。一瞬躊躇しましたが、予約しているので潔く入店です。

カルディアKIX3000オーバーホール
↑まずは「カルディアKIX3000」まずはリールを回してみる。「特に問題ない」との事です。一応普段から使用しているので問題はないのですが、オーバーホールをお願いしました。

 工程は全体バラシから洗浄組み付けになります。写真は全部ばらした状態です。ここから組み直しです。組み直しながら各部点検しております。メインのギアは多少使用感が出ているが、まだまだ大丈夫だとの事。どんどん組み立てていきます。途中ラインローラー部のベアリングが1ケ完全に固着しておりました。このベアリングは交換です。そして組立完成です。

 作業終了後回してみました。「あッ!」思わず声が出ました。回すとすぐにわかります。明らかに回転が滑らかになっており、しっかり組立できていることが実感できます。ここまで25分恐ろしいスピードです。

ルビアス3012Hオーバーホール
↑続いて「ルビアス3012H」もお願いします。こちらもカルディアKIX同様回して様子をみます。そんなに使い込まれていないのでこちらも「特に問題なし」です。さっそくバラシにかかります。バラシ終わって内部を観察しております。

 ここで店主がじっくり観察しております。内部に水が入った痕跡が一つもないとの事。使用状況はライトショアジギングだと説明すると、「釣行後のリールメンテナンスがきっちり出来ている。お手本にできる。」とのお褒めの言葉をいただく!

 釣行後のメンテナンスはドラグをしっかり締めて、水洗いを実施し、軽くハンドルを回し水けを切る。そして軽くふき取ってドラグを緩める。最後に陰干しです。

 ここから組み付けに入ります。ルビアス3012Hの方は2ヶボールベアリングを交換しました。1ヶは指で回すとざらつきがありました。もう1ヶは明らかに異音がするので交換してもらいました。2ヶとも使おうと思えば使えるがせっかくなので交換です。

 そして色々噂のマグシールド。やはりオイルが減っているようです。どうやら自然に乾燥して減っていくそうです。綺麗にふき取り再度注入してもらいました。

 これで作業は完了です。回してみます。こちらのリールはあんまり使い込んでいないので、回し心地は若干良くなったかなって感じです。異音はなくなりました!このリールも約25分で完了。

 以上2台のリールのオーバーホールが完了しました。気になるお勘定はリールオーバーホール1台4000円の2台分。ベアリング3ヶ交換で1800円です。色々あって500円値引きしてくれました。よって合計9300円になりました。

 値段表を撮るのを忘れてきました。「料金表を!」に載っているので参考にしてください。

Sパラ
↑帰りに奥さんが経営するお好み焼き屋Sパラさんでお好み焼き食べてきました。リーズナブルな価格設定です。

Sパラのお好み焼き
オーソドックスなお好み焼き。ふんわりしていておいしかったです。出来てから持ってきてくれるタイプの店です。

びっくり餃天
びっくり餃天です。一押しメニューです。餃子の具を春巻きの皮で包んだ一品です。こちらもおいしい。他にも気になるメニューはありました。

Sパラ全景
↑Sパラ全景です。向こうの青い部分が「リール屋ピカレスク!」です。オーバーホールでお困りなら一度試してみてください。ボクもまたお世話になる事でしょう。

カルディアKIXとルビアス3012H
↑「リール屋ピカレスク!」で作業完了したらオリジナルシールを貼ってくれます。ボールベアリングも一応お持ち帰り。まぁ、使い道はありませんが。

 次の釣行が楽しみでなりません。早い内に時間を作って行ってきます。

2019年1月26日(海遊館) ソルトルアーマン 青物

▲TOPへ移動