1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2018年10月20日

2018年10月20日の釣行記。(淡路遠征)

 先週淡路島でいい思いをしたので今週も行くことにした。先週のトモダチも淡路島に向かうが途中まで別行動だ。出発が遅れて家を出たのが深夜1時ごろ、淡路島には3時回ってた。エギングのポイントを数か所回るが当たりなし。

 眠い中ポイントへ向かう。ポイントへ到着したが今週は風が強い。5時過ぎには釣り座に着くが、風がやまない。とりあえず釣り開始するも釣りにならない。風は右斜め前から吹いてくる。これはなかなか厳しい。6時30分ごろまで粘るが当たりなし。

 この辺で一旦納竿とする。一眠りして新規ポイント開拓へ向かう。同じような事をしている人が結構いる。やっぱり考えることは似てるんだな。

 風の緩やかなポイントでお昼まで投げてみる。しかし当たりなし。昼ごはんと食べてトモダチと合流する。

 トモダチの釣りをしていた場所も風が強く、ダメだったようだ。何人かはハマチを釣っている様だった。昼からボチボチ寝たり、遊んだり釣りしたりしていると、何度か青物が回ってきた。しかし、釣れず。そして夕方5時ごろ。

 目の前でボイル発生!トップでヒット!やっぱりトップが面白い。5分~10分ぐらいだったろうか。すぐにボイルは終わった。

 すぐに暗くなってきたので納竿して本日終了。何とか一匹釣れてよかった。


 46センチのハマチ。トップで釣れた。楽しい。トモダチとその同行者も一匹ずつ釣れた。サイズは大体同じでした。

2018年10月13日(淡路遠征) ソルトルアーマン 2018年10月27日(淡路遠征)

▲TOPへ移動