1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2018年10月13日

2018年10月13日の釣行記。(淡路遠征)

 今週は急遽トモダチと淡路島へ行くことになった。会うのは一年ぶりである。でも何も変わってなかった。(笑)

 夜中11時30分家に到着。便乗して淡路島へ。夜中2時過ぎポイント到着。イワシが沢山いた。そして太刀魚が釣れている。さっそく太刀魚を狙う。今回も簡単に釣れる。群れでウロウロしているようだ。2時間ぐらいで合計8匹ぐらい釣れた。忙しくもなく、あきなくて楽しく遊べた。

 釣れなくなってきたので少しポイント移動。車で5分ほどだ。そこで朝マズメの青物を狙う。港の中にはイワシが沢山いる。潮通しも良い場所。条件はそろった。

 少し明るくなってきたのでトップからルアーを投げる。トップ、ミノー、鉄板、ジグをローテーションしながら探っていく。何も当らない。しばらくすると20mほど離れたところでヒット。釣り上げたのは40センチぐらいのハマチだ。魚は居るようだ。

 日が昇ってきたがまだまだ粘る。しばらくするとまた同じ人がヒット。同じぐらいのハマチを釣り上げている。

 ボクの所は何も起こらない。トモダチに眠気の限界が来たようだ。あきらめて眠りに行った。

 もうしばらく粘ってみるが全然だめだ。ボクも限界がきたので眠りにつく。7時30分だ。

 一眠りしたら、また釣りを始める。基本的にマズメを過ぎたらめったに釣れないから色々なルアーを試してみる。しかしだ、ジグを遠投して2ヶロスト。手前でも底付近で1ヶロスト。うーん。

 ご飯を食べてまったりする。一緒に来ていたトモダチの息子さんがサビキを始める。イワシがたくさん釣れたのでもらった。

 昼2時ごろポイント移動。車で10分ぐらい。トップとミノーを中心に攻めてみる。まったく反応がない。どうやら無理っぽい。また移動。今度は1時間ぐらいかかる。

 夕方4時ごろだ。最後の夕マヅメに期待する。「夕マヅメは無理だろうなー」って思いながらルアーを投げる。トップオンリーで攻めてみる。

 20分~30分ぐらいしたところでガツンとルアーが吸い込まれる。そして走る走る。「こ、これは・・・」しばらく格闘しながら足元へ寄せてくる。青物だ。45センチのハマチが釣れた。丁度5時だ。

 記念撮影し、しばらくしてまた始める。よく見るとベイトがいる。トモダチのルアーにベイトが引っ掛かったみたいだ。サヨリだ。

 また、しばらく投げてみる。するとまたまたガツンと来た。さっきより走る!かなりのパワーだ。慎重にやり取りし、足元に寄せてくると立派な魚影が見える。トモダチにフィッシュグリップでキャッチしてもらう。

 でかい。もうハマチではなくメジロだ。65センチのメジロだ。しかも自作ルアーで2匹も釣れた。多分今年一番うれしい日になるだろう。暫くして暗くなってきたので納竿とする。

 結果太刀魚7匹。ハマチ1匹。メジロ1匹。大満足な一日でした。


↑深夜の太刀魚ポイント。魚泥棒が数匹いる。魚を地面に置くと速攻で奪いに来る。この子猫はもうボクの立てかけたロッドの真下でスタンバイしている。かわいいけど目を合わせない。うーん。たくましい。


↑一発目のハマチ。46センチ。なかなかのサイズ。食事前だったのでしょう。解体したときにお腹には何もありませんでした。


↑次のメジロでかいわー♪こちらも解体したときにお腹を確認したが、何もありませんでした。


↑ほしかったイワシ。アンチョビを作成する。38匹分だから76枚ある。一年分ぐらいあるだろう。


↑太刀魚。数本リリースした。前々回の太刀魚も残っている。12月ぐらいまで持ちそうだ。何匹かは卵もちでした。卵は食べました。


↑メジロになるとさばくのが大変だ。3枚に卸した時に真ん中の骨の部分も大量に身が付いている。もちろんいただく。内臓、頭以外は食べる。綺麗に残さず食べるのが礼儀である。

2018年10月6日(青物) ソルトルアーマン 2018年10月20日(淡路遠征)

▲TOPへ移動