1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 淡路遠征、2018年10月6

2018年10月6日の釣行記。(青物)

 先週は台風の為、釣行をあきらめた。そして今週も台風だ。どうしようか迷ったが土曜の朝だけ近場に遊びに行くことにした。風が強くてもあきらめつくだろう。遠征していたらもったいない。

 とりあえず夜中出発で朝4時着。人は少なかった。予報では10時ぐらいから風が出始める感じ。雨もそのぐらいからの予報。信じてみる。

 太刀魚が釣れている。まぁ、先週沢山ストックできたからもういらない。今週は青物に専念する。明け方ごろ始める。全然当たりがない。しかし、色々なルアーを試してみる。時々小雨が降る。

 7時過ぎぐらいだった。何かが釣れたみたいだ。でも軽いな。水面まで浮かんできた。どうやらエソっぽい。そう思っていたら勝手にフックが外れてばれた。ちょうどよかった。

 7時30分過ぎ、雨がきつくなってくる。もう魚の気配もないので納竿にする。

 坊主だったが、二重の虹を見る事が出来た。しかも端から端まできっちりと。なんだかいいことありそうな予感だ。


左端。


中央。


右端。

2018年9月22日(淡路遠征) ソルトルアーマン 2018年10月13日(淡路遠征)

▲TOPへ移動