1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 淡路遠征、2018年9月22

2018年9月22日の釣行記。(淡路遠征)

 今週は3連休なので、淡路島に行くことにした。何処にしようか悩んでいたが、某地域周辺にイワシが大量に接岸しているとの情報を手にし、行ってみることにした。

 青物が釣れたとの確定情報でもなく、ピンポイントの場所情報でもなかったので、ネットで調べて新規ポイントに入ることにした。淡路島はたまに行くが今回の場所は釣りをした記憶がない。

 夜中出発で到着は4時ごろ、途中大雨だったが予想通り朝方には小雨になってきた。とりあえず準備をし、釣り座に向かう。できれば明るいうちに下見したかったが今回は無理だった。暗い中知らない場所を歩くので危ない。できるだけ下見をしておこう。

 釣りの準備をしたらさっそく始める。小雨なので、やや釣り客は少な目。ジグ、鉄板を中心に投げる。すると太刀魚が釣れ始めた。しかもコンスタントにだ、そしてエソも釣れ始める。周りが明るくなったら太刀魚が釣れなくなった。

 それでもジグと鉄板、トップなどを織り交ぜて投げる。しばらくすると散発的にボイルが発生する。トップで狙い打ちするが乗らず。しばらくすると隣人がヒット。ハマチクラスだ。しばらく粘るが気配がなくなってしまった。一旦納竿とする。

朝マヅメ結果
・太刀魚 指2.5 3匹
・エソ        4匹

 ご飯と昼寝、今後の為に色々ポイント等を調べた後、夕方4時ごろ同じポイントへ向かう。ジグを投げ始めると釣れる、釣れる。エソが…

 そして暗くなり始めた。ジグ、鉄板を中心に投げていると、太刀魚が釣れ始める。多分もう、太刀魚しか釣れない気配がする。仕方ないのでワインドに切り替える。相当数接岸していたのだろう。ワンキャストワンヒットである。何をしても適当に投げても釣れる釣れる。

 小さいのから指2.5ぐらいまでが20以上、20時ぐらいまで遊んだがもう飽きたので、納竿とした。

夕マヅメ結果
・太刀魚 指2.5 20匹以上
・エソ        4匹

 銭湯、晩御飯を食べて車の中で寝る。朝マヅメも同じポイントへ入ることにした。起床4時半、5時前にポイントへ昨日より人が多い、日曜日だからか?

 周りは太刀魚がもう釣れ始めている。昨日沢山釣ったからもうどうでもいい。ジグ、鉄板を投げて青物を狙う。しかし、やはり釣れるのは太刀魚、そしてエソ。そんな中、エソでも太刀魚でもない当たりが!

 ソコソコのパワー、釣り上げてみるとサゴシだ。45センチぐらい。何とか青物が釣れた。明るくなるにつれ、太刀魚が減ってきた。

 太刀魚が釣れなくなって平穏な海が訪れた。しばらくすると「ボコッボコッ」って散発ボイル発生、トップに切り替えて様子を見る。

 ボコッと激しい音と共にルアーが引きずりこまれる。走る。どうやら来たようだ!!

 しばらく巻いて手前に引き寄せる。浮かせるとやはりハマチだ。約40~45センチクラス。慎重にやり取りし、水面に浮かせる。しかし潜る。結構なパワーだ。しかし、もう一度水面に浮かせる。ハマチ暴れる。そして「バンッ!!」

 ルアーが外れて宙に飛んでいる。はぁ~。ワンチャンスを逃してしまった。

 なかなかあきらめきれないがもう無理である。仕方がないが、もう少し粘ってみる。

 しばらくすると遠くでボイルが発生しだした。全然届かない。しかし今度は反対方向でボイルが発生した。鳥山もいる。これはすごい、目の前でも散発ボイルが発生している。トップを投げてみる。

 2回ほど弾かれた。なかなか乗らない。しばらくすると隣人がヒットする。そしてそのまた向こうも一本釣り上げている。

 あちこちでボイルが発生しているが遠い!でもかれこれ45分ぐらいチャンスタイムが続いていた。8時ごろに勢いがなくなって平穏な海が戻ってきた。

 残念ながら釣れず。こればっかりは仕方がないが惜しい。ここで納竿とする。

朝マヅメ結果
・太刀魚 指2.5 3匹
・エソ        5匹
・サゴシ       1匹

エソの猛攻
↑このポイントは砂地になっているので、エソが結構多かった。釣れると暴れて血まみれになるんだな。平目や、コチが釣れたらいいな~って思いつつ、エソしか釣れん。

エソ
↑犯人はエソ。暴れるので釣ってて楽しいが、食べるにめんどくさいし、血まみれになるからあんまり好きじゃない。ブレンダー購入したら持って帰る予定。

ジグに食いつくエソ
↑きっちりジグに食いついている。後ろから追いかけるパターンと頭に食いつくパターンがあるようだ。居れば日中でも簡単に釣れる。

イワシ
↑イワシの大群が足元に回ってきた。ジグを落としてみるとスレ掛かりした。丁度ジグと同じぐらいの大きさだ。

太刀魚
↑夜の太刀魚。こんなに簡単に釣れると楽しいから作業に代わってくる。一旦勢いが衰えても釣り方を変えたりするとまた簡単に釣れ出す。多少は見切られているようだ。

太刀魚とサゴシ
↑朝マヅメのサゴシと太刀魚。この後にハマチをばらす。やはりハマチとサゴシは全然馬力が違う。ハマチをばらしているのでうれしさ半減である。

お持ち帰り
↑結局お持ち帰り18匹ほどさばくのが大変だった。

食材確保
↑こんなけあると食材に困らない。今シーズンは持つだろう。青物ばかりではなく、たまには食材確保に向かった方がいいかもしれない。

エソを食べてた太刀魚
↑太刀魚をさばいていたらエソの幼魚と思われるものが出てきた。イワシばかりだと思っていたので結構意外だ。

アジを食べてたサゴシ
↑サゴシのお腹の中からはアジが出てきた。このサゴシをボクが食べる。食物連鎖ですな。

2018年9月15日(青物) ソルトルアーマン 2018年10月6日(青物)

▲TOPへ移動