1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2017年10月14日

2016年10月14日の釣行記。(青物)

 今週は天候が微妙だ。雨予報だがそんなに激しい雨ではないようだ。降らないかもしれない。とりあえずレインコートを持って行くことにした。午前5時過ぎに到着、まだ真っ暗だ。そしてテトラ帯には多くの釣り人がいる。太刀魚狙いだ。しかしそんなに上がっている様子はない。

 釣り座について準備する。とりあえず太刀魚狙いだ。鉄板でフォール中心の攻め。周りがだんだん明るくなってくる。雨は全然降ってこない良かった。

 5時40分ぐらいに当りあり。太刀魚か?当たりのあった状況で何度か試してみる。そして6時ごろガツンと来た。やや暴れる。太刀魚っぽい。しかし、なかなかあきらめない。なんだろうか…

 上がってきたのはサゴシ47センチ。引っこ抜いてタモに入れる。

 その後も何度が当たりがあるも、乗らず。

 もうあきらめかけた8時ごろ。中層を泳がせているとガツンと来た!ドラグを締めて寄せてくる。しかしなかなか浮上げられない。明らかにサワラ級のパワー。テトラまで残り1メートルの所まで寄せてきてやっと魚体が見えてきた。70センチぐらいありそうだ。

 最後の力を振り絞りテトラ前を左から右に全力疾走。水面に顔を出す瞬間に「バシッ!」って言う音と共に鉄板が目の前に飛んできた。痛恨の足元バラシです。

 サワラはそのまま優雅に海に帰っていきました。

 その後も小一時間ほど粘ったが当たりなし。周りもほとんど帰ったので納竿とする。

 結局釣ったのが1匹とバラシ1匹、当り3回ありました。当りはサワラ・サゴシ・太刀魚のどれかでしょうな。キバ系は乗りにくいですな。ルアーを持っていかれ無かったのが不幸中の幸いです。

↑サゴシ。シーバスのごとく暴れ、ハマチの様に泳ぐ。ルアーターゲットの中ではかなり面白いと思います。それにしても足元でばらした1匹が悔やまれます。

2017年9月30日(淡路遠征) ソルトルアーマン 2017年10月28日(青物)

▲TOPへ移動