1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2017年9月24日

2016年9月24日の釣行記。(青物)

 いつもの泉南ポイントに行ってきた。太刀魚が釣れており、青物(ツバス・サゴシ)も釣れている状態。とりあえず期待して釣り場へ行く。

 午前3時起床ですぐ出発、到着は5時少し前。テトラ帯を見てみると結構な人がいる。みなさん夜釣りで太刀魚狙いですな。まぁ、広い場所なので若干開いている隙間に入る。用意しているとだんだん明るくなってくる。

 とりあえず鉄板で様子を見る。5回ぐらい投げたところで足元付近で当たりがあった。たぶん、太刀魚。次に軽く投げて足元を探りにいく。すぐにHIT!!

 足元で暴れる。ドラグを調整して素早く手元に寄せる。やはり太刀魚だ。太刀魚はよく落ちるのでテトラ帯では気を付けなければならない。素早くブッコ抜いてタモの中に入れる。

 足場の良いところに移動し、素早く鉄板を外してすぐに投げたいところだが・・・フックが思いっきりタモに絡んでる。

 焦ってペンチで外そうとするも太刀魚の歯に指が当たって出血。なんとか太刀魚は外れたが、鉄板がタモにかかったまま。しばらくしても取れない。仕方がないのでタモを切って外すことにした。

 短い時合で手返しよく狙いたかったが、無理だった。結局太刀魚は一匹しか釣れなかった。気を取り直して青物狙いを始める。

 20~30分ぐらいしてから結構足元でガツンとヒット。この当たりは太刀魚のような、青物のような…わからんがよく引く。とりあえず急いで水面に引き寄せる。

 魚影が見えてきた瞬間に「バシャ」おっ、エラ洗い!!シーバスではないか!!太刀魚でもない、青物でもない当り、納得です。

 急いでタモに入れて引き揚げます。この時点で6時前。

 ココからまた青物を狙って頑張ってみるも当たりなし。8時ごろまで粘ったが、ダメだった。7時15分ごろに近所の人がツバスを釣っていたので期待したが無理だった。これ以上粘るのも大変なので納竿とする。

太刀魚

 太刀魚は指2本半、シーバスは49センチ。関東では「フッコ」東海では「マダカ」関西では「ハネ」ですな。

潮目

 ええ感じの潮目。7時前ぐらいに右から左へ潮目が流れてきた。これがあるから結構粘ってしまった。ボクの前まで来たら今度は右方面へ潮目が移動していった。

 釣り客の9割以上が太刀魚狙いの感じ。青物狙いはほとんどいなかった。太刀魚狙いのついでに青物やってる人がボチボチいる感じ。。

シーバス

 太刀魚は難なくさばけるが、このクラスの魚になると結構大変になってくる。一部刺身で食べてみたが、まぁまぁだった。(当然新鮮だからおいしいが、脂の乗った個体はもっとうまい)結構魚って個体によって味が変わるんですな。。

2017年9月2日(青物) ソルトルアーマン 2017年9月30日(青物)

▲TOPへ移動