1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2016年5月14日

2016年5月14日の釣行記。(青物)

 前回GWに行ってきた和歌山中紀のサーフポイントにまた行ってきました。現地到着は2時ごろ。やはり下道は大変だ。とりあえず仮眠して4時半まで眠ることにする。

 4時半に目覚ましが鳴り、目が覚める。やや明るくなってきている。起き上がりメガネをかけてサーフを見てみるともう人が沢山入っている。最近はもう4時ごろから日が明けるみたいですな。

 さっそく用意してサーフに入る。幸い人が多くてもただっぴろい場所だけに隙間は沢山ある。ちょっとお邪魔してスタートする。まぁ、それでも両隣10m以上あるから問題ない。

 5時前ぐらいからひたすら投げる。1時間ぐらいしてHIT!!

 すぐに小物だとわかる。うーん。なんとなくわかる。。。エソ!

 外道のエソが釣れました。その後何の反応もなく時間が過ぎていきます。9時ぐらいになってまったく気配がなくなったので納竿。。エソ以外の当りは一度もなしでした。

煙樹ヶ浜

 毎回地形が変わるのが面白い。海の中もかなり変化していると思う。だからこれといったポイントはないだろう。潮目ぐらいか。

エソ

 通常海におかえり頂くエソ。小骨は多いがおいしいと噂のエソ君。今回食べてみることにした。おいしいのか?

エソ

 料理が簡単でおいしかったら人気者になれたのに。

エソの3枚おろし

 さばいてみた。おいしそうな白身だが、噂通り小骨が恐ろしく多い。こりゃそのままでは食べれんわ。通常エソはフードプレッサーにかけて、つみれにして食べたり、練り物にするとおいしいそうだ。ただ、フードプレッサーがないのでできない。だからから揚げにしてみることにした。

 ネットで調べたが、骨切りをしたら気にならなくなるらしい。

アジ

 まずかったらいやなのでアジも用意しておく。ついでに鶏肉も買っておいた。

からあげ

 左上がエソのから揚げ、右上がアジのから揚げ、手前が鶏肉のからあげ。どれもおいしかったです。エソのから揚げなんですが、骨切りがきちっとできていない部分があり、そこだけ骨が引っ掛かった。きっちり骨切りできていたら気になりません。おいしいです。

 また今度釣れたら持って帰ろう。

2016年5月1日(青物) ソルトルアーマン 2016年5月21日(青物)

▲TOPへ移動