1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2016年5月1日

2016年5月1日の釣行記。(青物)

 今年のGWは4月30日から5月5日までの6日間です。とりあえず30日の夜に出発しました。後半にもう一度行きたかったが天候も悪くあきらめました。そのかわり朝マヅメ、夕マヅメを狙うことにしました。

 場所は中紀の某サーフポイント。青物の大物が釣れる事で有名です。そして春でも釣れるポイントです。欠点は遠いことですな…

 とりあえず21時に出発。到着は夜中1時。下道で約4時間です。全部高速なら約2時間といったところでしょうか。新規のポイントで勝手がわかりません。とりあえず広いサーフの南端に着きました。

 現地到着後、もう一度ネットで検索。新しい情報を見つけました。どうやら青物はサーフの北側の様です。さっそく移動します。トイレ前の駐車場で朝まで待機です。

 目が覚めたのが5時前。うっすらと周りが明るくなってきています。急いで用意をしてサーフに向かいます。すると結構な釣り人が入っています。ただ、広いサーフなので隙間は沢山あります。とりあえず開いている場所で釣り開始。

 トップからミノー、鉄板にジグを色々チェンジしながら探ります。風速5mほどですが、追い風のため釣りに支障はありません。

 休憩しながら頑張って時間は9時。まったく当たりなしなのであきらめます。いったん終了です。

 午前中は車で周囲のポイントを探ります。地磯のポイントがいくつかありますが、青物を狙えるような場所はみつかりませんな。また今度頑張ってみよう。

 昼ご飯を食べたら御坊市のスーパー銭湯へ。夕マヅメまで休憩します。夕方5時前にもう一度ポイントに入ります。朝より人は少ないですな。それでも狙っている人はいます。

 5時から暗くなるまでがんばります。何も当たりがありません。今度は風が向かい風、もしくは左からの風になっています。鉄板・ジグを中心に頑張ります。

 夜7時、もうほとんど見えません。あたりに人影もなくなりました。納竿です。結局夕マヅメも一度も当たりがありませんでした。ルアーマンとお話ししたが、今日は一度も当たりがなかったとの事です。

 今日は残念な結果であるが、たまにメジロが釣れているのでしばらく通ってみようかと思います。

煙樹ヶ浜の朝マヅメ

 朝マヅメの光景。ルアーマンが多くいます。ちょっとひんやりしていましたが、気持ちのいい朝です。ロッドを振っているだけでも気持ち良かったです。場所はわかると思います。まぁ、有名なポイントなので問題ないでしょう。

煙樹ヶ浜の夕マヅメ

 夕マヅメの準備。木を拾ってきてロッドスタンドを作成。途中からは結構動き回りました。クーラーボックスは不用でしたな。

煙樹ヶ浜の夕マヅメ

 夕マヅメのサーフ。少し早かったのでほとんど人はいません。まぁ、朝マヅメの半分以下でした。それでも数人は頑張っていました。

2016年4月23日(尾鷲・熊野遠征) ソルトルアーマン 2016年5月14日(青物)

▲TOPへ移動