1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2015年11月14日

2015年11月14日の釣行記。(エギング)

 今週もエギングに行ってきた。土日雨なのでできれば短い時間で勝負したい。到着したのは土曜日15時過ぎ、まだまだ夕マヅメまでに時間がある。

 それまで少しジグを投げてみた。沖にかけ上がりのポイントがあるようだが相当遠いみたいだ。ジグでは届かない。投げ釣りの道具でないと無理なようだ。

 歩いて行ける範囲で色々試してみたが、全体的に浅く、藻が多い場所もあった。ジグでは釣りが成立しにくいポイントのようだ。だから誰もエントリーしていなかった。いるのはエギンガーばかりだ。

 まぁ、だれもいないからと言ってまったくもってできないポイントとは限らないので、実際に竿を出して調べてみよう。もしかしたら自分だけの穴場ポイントができるかもしれないぞ。情報も大事だが、足で稼ぐのも必要だ。

 そんなこんなで夕マヅメになった。ジグはあきらめエギング開始だ。だんだん暗くなってくる中、何の当りもない。雨も降っているし、人間的には辛い時間だ。そんな時、何かがヒットした。寄せてくるとタコだ。

 うーん。やはり相当タコがいるのかな…結構簡単に釣れる。

 もうしばらくするとすっかり日が暮れた。その時だ。エギにちょっかいを出してきた。いつもはちょっとシャクってスティしていたが、今回はすぐにスプールを立てて、エギを落としてみた。

 カウント3数えて合わせる。「良し!」がっちり乗りました。

 寄せてくるとずんぐりむっくりの物体が…コウイカです。結構がっちり乗っているので安心してブッコ抜く。

 その次にエギを投げるとライントラブル発生!。。10~15メートルほど切る羽目に。いらぬタイムロスです。

 それから30分ぐらい後にも同じような状況でエギにちょっかいを出すものが現れた。今度も同様にしてエギを落としてみる。やはりがっちりエギを抱いたようだ。そして寄せてくると・・・今度は本命アオリイカです。

 寄せてくるとまぁまぁのサイズ。一番おいしいサイズではないでしょうか。そんなこんなで時間は20時前、根掛りしてリーダーから切れたのでやる気をなくす。納竿することにした。

アオリイカとコウイカ

↑アオリイカとコウイカ。

タコ

↑タコ。

2015年11月7日(エギング) ソルトルアーマン 2016年4月23日(尾鷲・熊野遠征)

▲TOPへ移動