1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2015年10月3日

2015年10月3日の釣行記。(青物)

 今週も明石方面に向かった。以前からうすうす感じていたが、泉南より明石の方が青物の釣果が良いようだ。ただ、人が多くて避けていた。しかし実際釣れるとなると行ってみたいのである。そんなことで今年は明石方面を重点的に過ごそうと思う。

 さっそく前回と同じポイントに入る。前回は連休中のため、結構人が多かった。しかし今回は若干少ない。

 3時半ごろ現場着。しばらく仮眠。5時に釣り座に入る。それでも何とか場所は取れる。5時過ぎにボチボチ明るくなってくる。そして釣り開始である。

 隣のサビキではサバが結構釣れている。明るくなってきたらイワシの回遊も見られた。結構いい感じである。

 潮目も現れてボイルも出ている。そんな時底でガツンと来た。巻き上げて来ると結構軽い。ツバスにしても軽いくらいだ。。

 嫌な予感は的中。エソである。フードプレッサーがあればお持ち帰りしてかまぼこにしてやるが持ってないので海にお帰り頂く。

エソ

 しばらくボイルが続いていて、トップ狙いで投げていたが、当たりなし。ルアーマンが数人いたら誰かが釣れていたことでしょう。残念です。

 そのが海が静かになりました。ジグに切替です。ずっと前に拾ったムーチョの50g。普段使わないが使ってみた。投げるとかなり飛んで気持ちよかった。

 ラインスラッジするといきなりドラグが鳴り出す。「ジージー・・・ぉ、結構引くんじゃねーの。」と思っていたら急に軽くなる。バレたらしぃ。

 ラインを回収して原因を調べてみると。。ラインの端が残っている。どうやらスナップに対して結び方(締め込み)が甘く、滑って外れたようだ。人為的ミスである。情けない。

 その後しばらく頑張ってみるが反応なしです。左隣にファミリーが、右隣に中坊が数人グループで入ってくる。この時点でやり難くなったので納竿とする。

熱砂 スピンビーム

↑今回新しくデビューさせたジグ、シマノの「熱砂 スピンビーム icon」である。平目専用ジグだ。普通のジグと違い、前・後ろそして横にアイがあり、後ろと横にトレブルフックがセットされている。金属でできた小型シンキングペンシルみたいな感じだ。

 ヒラメに限らず底付近を重点的に攻める時用に用意してみた。ジグに比べるとフックが二つあるので浮き上がりにくい設計である。しばらく使い続けてみる。

ジグパラ ショート

 今年お気に入りのジグ、「ジグパラ ショート icon」だ。ノーマルタイプの40gが使いやすい。値段も安いし扱いやすい。そして釣れる。お勧めである。

2015年9月23日(青物) ソルトルアーマン 2015年10月10日(青物)

▲TOPへ移動