1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物・エギング釣行記、2015年9月22日

2015年9月22日の釣行記。(青物)

 渋滞で帰る気が失せたので2回目の朝マヅメ突入。明石の人気ポイントですが、9月の連休の割に混んでいない様に感じた。

 多分大潮なら真夜中でも場所がもっと混雑していることでしょう。適当な場所が開いていたので釣り座を確保し、1時間半ほど寝ていた。

 タイマーは4時30分。2度寝をする。4時50分ぐらいだろうか、気持ち空が白みがかってきた。いよいよ始動です。

 とりあえずトップで表層攻めてみます。反応なしです。セオリー通り、ミノー、鉄板、ジグなどを駆使し、棚を下げながら探っていきます。

 1時間を超えたころでしょうか。まだまだ反応はありません。ルアーマンもそんなに来ていないようだ。たまたまボクの左横に3人ほど入っていた。右横はファミリーだ。このような場所だとルアーマンがならんだ方が釣りやすい。

 「今日はあきませんなー」そんな感じで釣りをしているとき、潮の巻いている場所辺りで、単発ボイルが散見されます。

 確認できたのは2回ほどでしょうか。。表層意識している様なのでトップに交換。ルアーマンの何人かはその状況は確認してトップに切り替えます。

 切り替えて何度か投げていたところ。ボクのルアーに魚が「ガツン」と、「ガツン」と来た!捕食のシーンが見えます。これがトップの面白いところ。やめられません。

 手前に寄せてきます。どうやら感触的にツバスではない模様。ハマチクラスか?丸々太ったハマチが海面に姿を現します。素早くルアーマンの一人が「タモやりましょうか!!」すかさず「お願いします!!」

 ルアーマンの協力で無事キャッチすることができました。ありがとう。単独釣行のルアーマン、結構手伝ってくれます。助け合いの精神ですね。

ハマチ

↑下あごにフックが入っています。通常ハマチの当りはルアーを海に引きずりこむ感覚なんですが、今回はガッツリしたから食いあげてきた感じです。シーバスみたい。

ハマチ46センチ

↑昨日の釣行から導入した第一精工の「ノギスケール125 icon」視認性が高いのでサイズが良くわかります。ネットにのせるときにかなり便利ですな。

 7時ぐらいまで粘ったのですが、その後はさっぱりです。周りも釣れていませんでした。全体の状況はよろしくありません。

 眠いので本日の朝マヅメは終了です。とりあえず帰ります。明日はトモダチがきます。テンションが以上に上がっているので連休最終日はゆっくりしようと思っていたが、朝マヅメは参戦することにしました。

ヒラメの刺身

↑ヒラメは半分刺身でいただく。スーパーでヒラメの刺身の値段見てびっくりした。数切れで300円~500円もするのか。。。これだけで2000円オーバーしてそうだ。

 残りは1/4昆布締めと1/4ムニエルにする。

ハマチの刺身

↑ハマチの刺身、ヒラメに劣らずかなりうまかった。結構残っていたが、一部は昆布締めを試してみた。後は切り身にして冷凍保存。これで食糧事情が改善した。

ハマチ、ヒラメのアラ

↑魚のアラ。蒸して身をほぐしてとります。これがかなりうまい。そのままでもいけるし、しょうゆをちょっとたらすと酒の肴になる。

お昼ご飯

↑今日のお昼ご飯ハマチの刺身とヒラメの刺身、アラを蒸したもの。買ってきた春巻きとキリンラガー。ガッツリ食って即寝ました。

2015年9月21日(青物・エギング) ソルトルアーマン 2015年9月23日(青物)

▲TOPへ移動