1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物・エギング釣行記、2015年9月21日

2015年9月21日の釣行記。(淡路遠征)

第一部

 9月19日は仕事。20日の昼間は野暮用があったので、20日の夜出発で淡路島に向かった。到着は夜中1時過ぎ。今回は早速エギングすることにする。北淡のポイントをランガンしながら南へ向かう。

 3ポイントほど見に行くが全然釣れず。当りもありませんでした。墨跡は若干あるのでボツボツ釣れているようだ。ただ、連休なので淡路島にも先行者が何人かいる。その影響もあるかもしれない。

 3か所回って何の反応もないのであきらめることにした。朝マズメは西淡のポイントへ向かうことに。1時間ほどして朝マズメに参加する。前回は結構混んでいたが、今回は数人しかいません。どうやら釣れてないのかもしれない。

 とりあえず始めてみる。トップを通してみる。反応なし。次に鉄板、ジグなどを使用し、棚を色々探ってみる。あるところで異変に気付いた。やたらと何かが当たっている。そしてたまに思いっきり引っ張られる。でも生命反応はない。ほどなくして原因がわかる。

 海藻類がかなり流れているようだ。それがラインにあたってビンビン手元に伝わってくる。そして重く引かれるのは大きな階層がルアーにかかっているのだろう。おかげで一個ロストしたがな。

 今更移動もできないのでもう少し頑張ってみる。すると底付近でガツンと当たりが。。今度は生き物だ!とりあえず巻いてみる。青物ではないようだが。。

 釣れたのはソコソコでかいフグ。しかもスレが掛かり。そりゃそれなりの抵抗があるわ。エソよりもいりませんな。

フグ

↑でかいフグ。計測する気もありません。どうやらお腹に針が刺さったみたいで膨らみません。とりあえず大人しく海に帰っていただきました。

海藻類

↑海藻類が引っ掛かる。底付近には大量の海藻類が流れているようだ。釣りになりません。

 海藻類が多いので底付近はあきらめて、表層・中層を攻めていきます。しかし何の反応もありませんでした。時間は7時、ここで第一部は終了です。

第二部

 次は夕マヅメを狙います。せっかく淡路島まで来たので手ぶらでは帰れません。とりあえず以前から目を付けていた淡路島南部のポイントに行ってみます。さっそくポイントを観察します。潮の流れはどうか?どこに根が入っているのか?

 ネットで集めた情報を確認していきます。昔は超一級のシーバスポイントだったらしいが、いまは全然だそうです。でもシチュエーションがとてもいい場所なので夕マヅメ頑張ってみましょう。

 他のポイントも何か所か回っていたのでもうお昼前。とりあえず腹ごしらえ。そしてお昼寝。今回苦労したのが1級お昼寝ポイントを探せなかったこと。車が止めれて誰にも邪魔されずに木陰でお昼寝。意外と難しいですな。

お昼ご飯

↑今回はクッカーとカセットボンベ式コンロ icon、そしておにぎりを用意。海で食べるラーメンはとてもうまい。

 お昼寝終了後、いよいよ第二部本番開始です。時間は夕方4時開始。足元はゴロタ浜。多分わかる人にはこの場所がわかることでしょう。一応黙っておきます。

 歩きにくいですがテトラより安全です。また、万一大物が釣れてもタモが不要なので装備を軽量化できます。先行者は2名ほどルアーマンではなく、チョイ投げしています。狙っていた場所よりずれていたのでその横付近に入って頑張ります。

 潮目に向かって思いっきり投げます。これだけでストレス発散することができますね。しかし、あまり流れに身を任せていると、根掛りする箇所にジグや鉄板が流されるので注意が必要です。

 根掛りポイントでは表層・中層を重点的に狙いました。しかし反応なし。ボイルも見かけられません。

 潮目に向かって色々投げてみます。しかし反応がありませんな…薄暗くなり始めた6時ごろ。底付近でガツンと当たりがありました!

 そんなに大きくはないな。ツバス・ハマチぐらいのサイズかな。。とりあえず寄せてきます。そして水面で跳ねる!!「お、シーバスか?」しかし、エラ洗いを食らったのち、水面に平べったいものが滑ってきます。抵抗なし。

 そのままゴロタ浜にずり揚げます。きました!うれしい外道。ヒラメ!!

ヒラメ

↑写真では38センチですが、後程ちゃんと平面の場所において計測しなおしたら40センチありました!

 この後暗くなるまで頑張った。おまけでまたフグが1匹釣れました。余りにもどうでもいいのでこのような写真になりました。

フグ

 暗くなったので一度納竿します。帰りに東浦の某ポイントで最後にエギングして帰る予定にしました。

 東浦某ポイントエギングでも有名で夜20時ごろなので多分いっぱいだと思ったが、意外と空いていた。エギング先行者数名だけです。余りまだ釣れていないのかもしれません。

 足元の墨跡をある程度確認できるのですが、数は少ないです。まぁ、それでも入りたいポイントが開いていたので頑張ってみます。風は結構強くなってきた。

 2時間ほど頑張ります。一度イカパンチをもらったが乗らず。あきらめて納竿です。道具を片付け車に乗り込みいざ大阪へ。。

 その時転勤で名古屋に栄転した友達からメールが入ります。とりあえず電話してみます。どうやら明後日明石方面来るので情報収集の様だ。本日の状況を連絡し、今から帰る旨を報告。さぁ、帰ろうとしたのはもう10時30分ごろ。高速に乗ろうとしてみると…渋滞18Km。

 体力が残っていないのに今から渋滞に巻き込まれるのはごめんです。予定変更して今から寝て朝マヅメに釣りをして帰ることにしました。

 そのまま寝たかったが、とりあえずやることはやっておかなければなりません。ヒラメの下処理です。スマホで確認しながらうろこを落とし、エラ、内臓、頭まで落としておきます。これである程度鮮度は保てるでしょう。そして氷も頼りなくなってきたのでコンビニで購入しておきます。とりあえず朝まで持てばいいので500mlのカルピスウォーターを購入。これなら最後に飲めます。一石二鳥とはこのことですな。

 魚を処理し、ご飯を食べて橋の下の道の駅で寝ます。しかし、夜中2時ごろ目が覚める。全然寝れない。体はしんどいが車では熟睡できません。しばらくして思いつく。

 朝マヅメも淡路島で釣りをしようと思っていたが、明後日明石に来るとトモダチが言っていたことを思い出す。そうだ、冷やかし半分に明石のポイントで情報を収集しておこうと思った。

 すぐさま橋を渡り、明石のポイントへ。淡路インターから垂水インターまで。軽、30%割引で750円です。それよりも橋を越えてすぐの舞子にICがほしいと思う。みんな思っていることでしょう。

 3時半ごろポイント着。こちらも人気ポイントなので場所取りがてら釣り座へ。横になって寝れます。初めからここで寝ればよかった。

→続き 「2015年9月22日の釣行記。(青物)」

2015年9月12日(青物・エギング) ソルトルアーマン 2015年9月22日(青物)

▲TOPへ移動