1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 淡路遠征、2013年10月19日

2013年10月19日の釣行記。(エギング)

 18日の夜から今回はエギングのみで釣行してきました。現地到着は夜中1時ごろ。天候は弱雨。釣り客はほとんどいません。

 釣りを始めようと思ったらあることに気付いた。懐中電灯忘れた…雨具の事に気を取られ、道具を忘れてしまった。まぁ、漁港内なら何とかなるが、釣りをしたい場所は外向きのテトラ。懐中電灯なしでは無理があります。

 ここは考えて…とりあえず明るくなるまで寝ることにしました。勝負は朝マズメのみです。4時間ほど眠って5時起床。まだ真っ暗です。ボチボチ用意してポイントに向かいます。

 弱雨の中釣り開始。しかし何の気配もありません。そして根掛り…。このポイントは藻が多く、よく根掛りします。イライラします。

 今回はエギングをして、日が昇ったら少しシーバスを狙ってみました。納竿は8時です。この3時間で7~8回ほど根掛りしてしまった。内4回はリーダーの結び直しです。エギは3個ロスト。安物のバイブレ1個ロスト。ワインド2個ロスト…

 そして何の当りもなし。恐ろしく疲れる釣行でした。来週は休もうかな~

墨の跡

 明るくなってきたので先端回りの様子を見てみるとスミイカあとが結構残っていた。今日は雨だったから誰もいなかったのだろう。いつもなら混んでいる。ボクもかなり悩んだが、大潮なのでとりあえず様子を見に来ることにした。

黒猫

 黒猫も収穫を得られず。チラッとこちらをみたが、手ぶらとわかるとさっさとどっかへいく。サビキの方がアジをもらえる可能性が高いからだろう。しっかりしている。

2013年10月13日の釣行記(淡路遠征) ソルトルアーマン 青物・太刀魚、2013年11月2日

▲TOPへ移動