1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 青物釣行記、2013年10月5日

2013年10月5日の釣行記。(青物)

 今回は明石方面からもうちょっと西のポイントに出撃しました。先週のポイントも今一つな感じで泉南・和歌山方面に「様子を見に行こうかな~」っと思っていた矢先、メールで「×××で2~3日前からツバスが結構上がっているらしい」との情報をキャッチ。新鮮ホヤホヤの情報なので行ってみることにした。

 夜中2時に現地到着。とりあえず防波堤の様子を見てみると餌釣師ばかりです。釣り座も空いているので少し寝ることにします。

 4時起床。釣り具を持って防波堤へ。釣り座を探していると外向きはほぼ埋まっています。内向きはだれもいない。そのまま先端へ到着。意外と先端が開いていました。さすがに先端外向きは人がいましたが、先端内向きに座を構えます。

 このポイントの内向きにはシーバスもいるのでちょっと期待。軽くエギングを始めてみるが風が強くて釣りになりません。雨も降ってきたので雨具着用で再開。

 夜が明けてきたころ「当たりが!」潮目近辺でありましたが乗りません。しばらく付近に投げているとまた数投目で「当たりが!」。しかし乗りません。

 その後は当りもなく果てしなく修行が続きました。10時30分に納竿です。常連っぽいおっちゃんに聞いてみると「サゴシとカマスがボチボチ釣れているよ」との事。「ツバスはあんまり釣れとらん。釣れてものませやわ~」との事。

 しかしながらベイトはたくさん居たし、結構追われておりました。上級者ならサゴシやシーバスなんかを釣り上げていたことでしょう。帰りにはエソが釣れておりました。

 青物狙いの本格的ルアーマンは居ませんでした。でも、色々学べた一日でした。

防波堤先端

 途中から先端には誰もいません。しばらくやりたい放題です。当たりが2回あったので魚はいたのでしょう。本日は詰めの甘さが露呈した感じです。

防波堤様子

 写真右側が外向きです。のませばかりです。雨だったのですいていました。晴れの日はのませとのませの間にファミリーがサビキをしています。内向きは誰もいません。シーバス狙いの3人組が8時ごろにやってきたぐらいです。

釣り用雨具

 久しぶりの雨具。前回は手入れ不足でだいぶ水がしみ込んだ・・・今回はいつでもすぐに使えるようにきっちり防水スプレーを吹いて手入れしていたのでばっちりです。何事も「備えよ常に」の精神ですな。

2013年9月29日の釣行記(エギング・青物) ソルトルアーマン 2013年10月13日の釣行記。(淡路遠征)

▲TOPへ移動