1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 2012年4月30日の釣行記。

2012年4月30日の釣行記。

楽天市場

 ゴールデンウィーク2日目の4月30日、釣りに行ってきました。2週間ほど前に泉南地方に様子を見に行ったがいまひとつぱっとしていなかった。まぁ、例年ゴールデンウィークはたいしたものがつれていません。

 しかし、夏~秋に向けて気力、体力、モチベーションを高めなければなりません。そんな理由があるので今回は「釣る感覚」を取り戻すためにあえてエサ釣りにチャレンジ。

 やはり偽物より本物。たぶん何かしら釣れると思う。

 そしてつり方は穴釣りに決定。チョイ投げでまったり過ごそうかと思ったが、気が変った。ちなみに穴釣りとはテトラポットや石畳の隙間にエサを落し入れて魚を釣る方法。

 とても地味だが釣果は高い。しかし、テトラポットを数百メートルから数キロ渡り歩くので体力が必要なうえ、危険が伴う釣りでもある。

 そんなこんなで釣り開始。開始20分で釣れた♪しかもでかい。30センチ弱ある。メバルだ??  釣った当初メバルと思ったが違うみたい。よくわからんがキープして先に向かう。結局合計4時間ほどテトラポットをうろうろしていたら、雨が降ってきたので納竿。

 釣果は最初の1匹とメバル・ガシラ合計3匹リリース。魚は掛かったが取り出せなかったのが2回。なかなか楽しい一日でした。

テトラポット

↑テトラポット帯。内向きはファミリーがびっしり居ます。しかし、外向きのテトラポットはほとんど人が居ません。穴釣りとは修行ですな。

キジハタ

↑問題の1匹目。根魚だからメバル、ガシラ、ムラソイか、それの派生系かと思っていたが、友達にメールで確認したところ、アコウ(キジハタ)でした。

調べると超高級魚らしい。そもそも食卓には出てこない。料亭行きのお魚さんです。

キジハタとガシラ

↑計測したら28.5センチメートルありました。上のガシラはリリースすべきですな。

キジハタ

↑幻の超高級魚と聞くと、雑には扱えません。ここ一番に使用する左利き用の出刃包丁で捌きます。

キジハタの3枚おろし

↑なんとか3枚におろせました。身がぷりぷりしていて切り難い。食べれば美味しいと思った。

キジハタの刺身

↑戴く。どう料理しようかと思ったが、やはり初モノは刺身で味わうべきでしょう。 綺麗に切れなかったのが残念だがとても美味かった。 身がプリプリしていてさっぱりとした白身魚でした。今度はいつ釣れるのだろうか~?

2012年4月14日(アジング) ソルトルアーマン 2012年4月30日(穴釣り)

▲TOPへ移動