1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 2010年8月11日の釣行記。(淡路遠征)

2010年8月11日の釣行記。(淡路遠征)

 8月11日の夜から12日にかけて、淡路島まで釣りに行ってまいりました。ボクの住まいは大阪なのでいつもは泉南・和歌山・神戸辺りまでですが、久しぶりの淡路島です。腕がなります。

 現地到着は夜中12時30分、トモダチとともに釣り開始です。まずはジグを投げてみます。サバ、シーバスなどが一部回遊しているとの情報があり、がんばってみるが当りなしです。

 しばらくして場所移動。今度はタコ狙いです。比較的簡単に釣れるとの事だが中々苦戦する。何とか1匹釣り上げることが出来ました。

 そしてまた場所をかえて、今度は朝マヅメでタチウオを狙います。本命だったのですが・・・まったく魚の姿がありません。また、風も強く、小雨も降っています。条件が悪すぎます。

 そんな時ふと空を見上げてみると虹が見えています。しかもダブルで!初めてコレだけくっきりとした虹を見ました。ちょっとびっくり。

淡路の虹

 朝マヅメの釣果は坊主です。そのまま近くの波止場でエサ釣り開始です。狙いはシロギスです。てんぷらにして美味しく、簡単に釣る事が出来ます。

 初心者でも少しコツをつかめば簡単に釣れるでしょう。ポイントはフックです。今の時期なら7番ぐらいの小さめのフックがベストです。大きくなるとキスが吸い込めません。そして当りがあってエサばかりとられる事になります。

 今回は市販の仕掛けを使用しましたが、馴れてきたらフック+ライン+オモリで自作の仕掛けを作ってみましょう。市販しかけはラインが太いので釣果に悪影響があります。メバル用のラインなどを応用すれば細くて実用に十分耐えられる仕掛けを作る事が出来ます。

キス

 二人で20匹ほどです。夜中から釣りを続けていたので午前中は半分寝ておりました。この時期にしては非常に涼しく、気持ちよかったです。

 トモダチの家でてんぷらにして戴きました。頭を落として開いて骨をとります。柔らかく美味。。

タコ

 こちらはおみやげのタコ、二人で4匹です。ホントはもっと釣れるらしいですが、本日はあまりパッとしない結果になりました。でもタコも結構おいしいぞww

 昼ごはんを食べた後に最後にチヌ釣りに向かいます。トップウォーターで釣れるポイントがあるのですがボクは坊主です・・・ペンシルやポッパーはほとんど使った事が無いのでホント難しいです。また来年リベンジしたいです。

2010年7月17日(チョイ投げ) ソルトルアーマン 2010年9月11日の釣行記。(エギング)

▲TOPへ移動