1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 2010年7月17日の釣行記。(チョイ投げ)

2010年7月17日の釣行記。(チョイ投げ)

 本日は3連休の初日、晴天です。やっと梅雨明けして本格的な夏の始まりを感じます。前回の釣りは6月12日、およそ一ヶ月ぶりの釣行です。

 毎年の事だが6月はほとんど釣りになりません。雨のには釣りに行く気にならないし、今年は土曜日の仕事も数回あったのでまったく釣りに行く機会がありませんでした。

 今日は張り切って和歌山県まで行ってきました。そしてこの時期ルアーの釣り物も少ないのでエサ釣りです。

 1箇所目、某海水浴場隣の港で始めます。。しかしファミリーフィッシングの人が多いので30分ほどであきらめました。人多すぎ

 2箇所目、海南市まで移動して釣り再開です。数年前に来た場所に久しぶりに行ってみます。エサを付けてさっそく釣り再開です。

 しばらくするとなにやら魚がかかった・・・チャリコ(鯛の幼魚)です。小さ過ぎるのでリリース。  数匹チャリコが釣れたが全てリリースサイズ。飽きてきた。

 ロッドを置いてカメラをいじったり、携帯をいじったりしているとなにやらロッドに反応が!!

 さっそくあわせてみると結構引きの強い魚がかかった。何だろう?と思いきや・・・キビレだ。

キビレ01

 坊主のときのために色々撮影をしておく。魚を撮れないときは風景の写真が多いなー

キビレ02

 27センチのキビレ。初めて釣り上げた魚です。クロダイと良く似ているが、尻びれ、尾びれが黄色なので判別できます。(家に帰ってから調べてみた。)

キビレ03

 上の写真は釣り上げた直後、釣り上げるまではかなり激しく抵抗しますが、釣り上げたらすぐにおとなしくなりました。下の写真は家に持って帰ってから撮った写真。今見てみると違う魚みたい。

2010年6月12日(チョイ投げ・メバリング) ソルトルアーマン 2010年8月11日の釣行記。(淡路遠征)

▲TOPへ移動