1. HOME>
  2. 釣行記>
  3. 2009年8月5日の釣行記(ワインド)

2009年8月5日の釣行記(ワインド)

 本日は大阪の最南端の港で太刀魚釣りをやっていました。昨年ソコソコ釣れたポイントです。太刀魚も和歌山の方ではもう釣れていたので様子を見に行く感じでいって来ました。

 朝マズメ狙いなので現地到着は4時ごろ。ヤフーの天気予報では風と波がソコソコ出ていると覚悟していたが、波も風もほとんど無かった?ヤフー天気もたまには外れるのか。

 さっそく爆釣メソッド、ワインドを試してみる。太刀魚狙いなのでゆっくり、大きく動かした方がよく釣れる。

 でもまだ魚が居ないのか結局一匹しか釣れなかった。しかも指2本半ぐらい。少し時期が早かったか?来週辺りが面白いかも知れない。また行ってみよう。

 夜が明けてきたがまだ6時前、もう1、2時間ぐらいなんか釣れそうなので、ワインドをガンガンやっていました。しばらくすると根掛りしてしまった。

 仕方がないのでロッドを立てたり振ったりして外そうとして力を入れるとバキッて・・・

  メジャークラフト(クロステージ・CRS-832E)・・・殉職

 ロッドの継ぎ目のやや下方、キズが入っていたのでしょうか。やはりエギングロッドは負担が多いようです。約3年ぐらいだろうか、よくがんばってくれたと思う。2代目エギングロッドを探さねば。

太刀魚01

 指2本半といったところ。太刀魚は群れているので釣れ出したら連荘するはずが続かない。まだ群れが小さいようだ。次回に期待。

メジャークラフト、クロステージ01  折れたのはロッドの継ぎ目のやや下方。多分キズが入っていたんだろうと思う。

普段からロッドのチェックは怠らないようにしているがたまには折れる。

エギングロッドは一本しtかないので新しいのを買わねばならない。




メジャークラフト、クロステージ02  ロッドの先端部。しかも衝撃で高切れ。最悪です。

 先端部は沖に流され回収できなかったのでこのまま水葬に・・・いままでありがと〜




太刀魚02

↑もって帰って捌いてみると卵あり。一緒に食べよう。太刀魚はウロコがないので捌くのは簡単だ。内臓を取り出し、後は食べ易いように5センチ前後にぶつ切りにすればよい。

 下準備が出来たらあとはムニエルにするなり、塩焼きにするなり好きにすればよい。

太刀魚03  ←半分をムニエルに。でもなんか間違えたみたい。ちょっと酸っぱかった。

 レモン汁を入れすぎたかな。やはり塩焼きが手堅いか。ねぎも一緒に焼いてみた。その上の物体が魚卵。

 やっぱり料理はむずかしいな〜。これからは男でも料理の一つぐらい出来ないといけないな〜。

 ボクは独身だが女性から見たらやはり「魚を捌ける」「料理が出来る」っ
てのは印象良いらしいぞ。がんばろう。。


2009年7月25日(シーバス) ソルトルアーマン 2009年8月25日(エギング)

▲TOPへ移動