1. HOME>
  2. メバリング入門

メバリングとは

 メバルをソフトルアーハードルアーを使用して釣ることです。冬から春にかけて盛んに行われます。比較的簡単に釣れて、食べてもおいしいので昨今人気のルアーフィッシングのひとつです。

 ジグヘッド+ワームの組み合わせが一般的に使用されます。それ以外にもプラグ、メタルジグなども販売されております。状況によって使い分けましょう。

ソルトウォーターフィッシング

ロッドを選ぶ

 各社からメバリング用のロッドが販売されています。6〜7フィートのバスロッドでも流用できますがメバルに対しては少しロッドが固くて操作し難い可能性があります。

 メバリングロッドにはティップの構造の違いにより大きく2種類あります。

チューブラータイプ

ロッドの先端部分が中空構造になっています。そのため非常に感度が高く繊細なメバルの当たりを瞬時に察知することができます。「メバルを釣る」感覚が楽しめます。

素材がカーボンなら振動が良く伝わる。極細PEと組み合わせると非常に感度の良いロッドになる。ロッド全体が中空なので非常に滑らかに曲がる。バランスが良いので持った感じも軽い。

 ハリのあるロッドの特性を生かし重めのジグヘッド、プラグ、フロートリグを使用した釣りに適している。十分な飛距離も得られるし、感度も良好なので波止の外向きからの遠投、磯場などで型狙いに向いている。

ソリッドタイプ

ロッドの先端部分数十センチが詰まっています。非常に食い込みが良く、あまり当たりを意識しなくても釣れている事があります。勝手にメバルが掛かるのでオートマティックロッドとも言われます。

曲げてみると先端部分から極端な曲線を描く、これが驚異的なロッドの追随性を生み出している。

 柔らかなムチのようなしなやかなティップを生かし、軽量ジグヘッドとの相性が良い、のりが良いのでショートバイトでも弾かない。スレたメバルには最適である。また、港内の数釣りに向いている。

リールを選ぶ

 メバル専用のリールもありますが、1500番〜2500番のリールなら問題はありません。シマノならソアレ、ダイワなら月下美人のブランドでリールやロッド、メバリング用のジグヘッドなどの小物を販売しています。

詳しくは「メバリングのリールの選び方」を参照してください。

ラインを選ぶ

 ラインは主にナイロン・フロロカーボン・PEの3種類があります。それぞれに特徴がありますのでよく吟味して選びましょう。「道具の選定」をみてください。

 ボクの場合はPEライン+ナイロンのリーダーを使用してみます。PEの感度が良いので使用しております。もちろんナイロンのみ利用する人や、フロロカーボンのラインを利用する人もいます。初めてはじめるならナイロンがお勧めです。

メバリングの道具

メバリング用ジグヘッド」のインプレッション

メバリング用の飛ばしウキ」のインプレッション

カルティバのイーグレットメバル」のインプレッション

ダイワ 月下美人 澪示威(レイジー)」のインプレッション

メバル釣りのポイント

 道具をそろえたら早速釣りに行きましょう。港湾内の船の下、駆け上がり、陰になっている場所等、隠れやすい場所に潜んでいます。

 メバルは夜行性で、暗くなり始めると隠れ場所から出てきて小魚を追いかけます。よって、昼間より夜の方が釣り易いでしょう。マヅメ時や潮の変わり目も良いタイミングです。

 季節は冬から春にかけて一番つりやすい時期に入ります。メバル釣りのポイントは・・・寒さ対策です。(笑)冬の夜の海を対象にしているので非常に寒いです。また、海が荒れている日も多いので防寒対策をきっちり行ってください。

メバル釣りのポイント(明暗の境目)

テクニック

 一番使用頻度の高いのはジグヘッド+ワームの組み合わせでしょう。同じ場所を何度も攻めてもあまり効果がありません。船の下や明暗のある場所、藻場などのストラクチャーを数多く探ることが釣果をあげるコツです。

 泳がせ方は一定の速度でただ引きします。ゆっくり魚が泳いでいる感じをイメージしてください。棚は上層から下層へ下げていきます。活性が高ければ水面直下で良く釣れます。活性が低いと海底付近にへばり付いていると思われます。

仕掛けについては「メバリングの仕掛け」を参照してください。

▲TOPへ移動